【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

本社で職場体験感想文

本紙掲載日:2017-11-20
7面

 延岡市恒富中学校2年の佐藤由衣さんと森悠眞君が11月8日から3日間、夕刊デイリー新聞社で職場体験学習を行いました。

 初日は、12日に城山二の丸広場で行われた「第21回城山かぐらまつり」について山洋一実行委員長と、大峡神楽保存会の黒木弘一会長に同祭りの見どころなどを聞かせてもらい記事にしました。2日目は延岡中学校で行われた認知症サポーターについての講演会、最終日は延岡総合文化センターで行われた延岡市小・中学校音楽祭を取材しました。2人の感想文を紹介します。


◆延岡市恒富中学校2年・佐藤由衣

 私は今回の職業体験を通して、いろいろなことを学ぶことができました。

 最初に、「城山かぐらまつり」の山洋一実行委員長と大峡神楽保存会の黒木弘一会長に取材しました。どんな記事を書きたいかで、山実行委員長と黒木会長への質問内容が変わってくるので、考えながらインタビューをするのが難しかったです。

 取材の後は記事を書きました。何回もやり直してようやく原稿ができました。自分が満足のいく原稿ができたので、うれしかったです。

 次に、延岡中学校に取材に行きました。一人の生徒にインタビューしました。緊張しましたが、落ち着いて聞くことができて良かったです。

 私は、取材する人と原稿を書く人は別と思っていました。今回の体験で、二つの役割を一人でしているということを知り、驚きました。実際に体験してみて、とても大変な仕事で、疲れました。でも、原稿が完成したときは達成感があり、やりがいを感じました、

 私が一番驚いたのは、「広告は、スポンサーから原稿をもらい、それを基に新聞に載せる広告のレイアウトをしている」ということです。私は、広告は会社から送られてきたものをそのまま載せていると思っていました。一つ一つ微調整をしながら作っていたので、広告はとても細かく丁寧に作っているんだと思いました。

 毎日、私たちが読んでいる新聞はたくさんの手間がかけられていることが分かりました。

 うまくいかないこともあったけど、楽しかったです。3日間、お忙しい中ありがとうございました。


◆延岡市恒富中学校2年・森悠眞

 僕は3日間にわたり夕刊デイリーで職場体験をさせていただきました。1日目の午前中は「第21回城山かぐらまつり」について、山洋一実行委員長と大峡神楽保存会の黒木弘一会長に取材をして、午後から記事の原稿を書きました。最初は、何を書けばいいか分からなかったけど、夜も考えることによって何とか書き終えることができました。

 2日目は、前の日に書いた原稿をパソコンに打ち込みました。思ったより時間がかかってしまい大変でした。仕事は、正確さとスピードが大切なんだと感じました。午後からは延岡中学校に行き、3年生と一緒に認知症についての講演会を聴きました。講演会が終わった後、生徒さんに取材をするという体験をしました。取材をするときのポイントなども教えていただきました。

 3日目は、延岡総合文化センターで行われた延岡市小・中学校音楽祭に行きました。そこでは、どんなふうに写真を撮ればいいか、ミスが起きないようにするためにはどうすればいいかを教えてもらいました。この職場体験でたくさんのことを学ぶことができました。仕事は、「正確さとスピードが大切」ということを学んだ3日間だったと思います。学校ではできない貴重な体験ができました。この体験を生かして将来の夢を考えていきたいです。

その他の記事/過去の記事
page-top