【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

11月19日、日向宝物グランプリ

本紙掲載日:2017-11-18
2面
十屋市長に試食してもらい、あす開催の「日向宝物グランプリ」をPRする関係者

 日向市産業合同フェスタのステージイベントとして、11月19日午前11時から「第3回日向宝物グランプリ」が開かれる。

 主催する日向市地域雇用創造協議会は、商品開発による雇用創出を目指して異業種交流・地域資源活用セミナー(全10回)を開催。日向の地域資源を生かしたオンリーワンの商品開発を進めてきた。

 参加した7事業者は、あすのステージで市民が見守る中、新商品のプレゼンテーションを行う。審査員による試食などの公開審査でグランプリなどの優秀作を決める。

 17日には関係者7人が日向市役所を訪れ、十屋幸平市長にイベントをPRした。

 その中で、一昨年のグランプリに輝いた市内四つのマンゴー農家でつくる「大山いち三(おおやまいちぞう)」の開発商品「マンゴージェラート」が、今月のみの期間限定で東京・銀座エリア最大の商業施設「GINZASIX(ギンザ・シックス)」内の「銀座大食堂」で、食文化プロデューサー山田チカラシェフのメニュー監修の対象として選抜、販売され好評なことなどが報告された。

 平兵衛酢やマンゴーなどの日向の特産を食材にした過去の入賞作や、当日の出品作のうち5点が市長室に持ち込まれた。現物を一つ一つ試食した十屋市長は「いずれもおいしい。日向にはいろいろと食の可能性がありますね」と絶賛した。

 同協議会の黒木正事業推進リーダーは「日向のものづくりの素晴らしさを多くの市民の皆さんに見ていただきたい」と当日の多くの来場を呼び掛けた。

その他の記事/過去の記事
page-top