【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

「人」(ひと)−堂園長史(どうぞの・たけし)さん

本紙掲載日:2017-11-17
2面

県北観光物産展のぼりざるフェスタ実行委員長

 ゴールまであと一歩、というところで仕切り直しを余儀なくされた。「先週まで出展者が決まらず大変でした」。台風22号の影響で3週間延期したフェスタが、いよいよあす始まる。

 本職は保険会社の営業部長で、物産とは関わりがない。なぜフェスタの実行委員に?

 平成26年春に城山で行われた「日本一めでたいフェスティバル」を手伝ったことがきっかけという。そこは、まちづくりに熱いボランティアの集まりだった。同年秋、当然のようにフェスタの実行委員会に入れられた。

 実は、人前に出ることが苦手で、自ら何かを率先してするタイプでもない。名刺の裏に「よだきんぼ」と書いているほどだ。それでも実行委員長を引き受けたのは「自分が年上だから仕方がないと思った」という。

 一方で「頑張っている人を応援することは好き。自分は応援団だと自負している」と目を輝かせる。

 フェスタも、物産を売る立場ではなく、県北の店を応援する立場から、また、消費者の立場から運営や企画を考えた。「県北チーズ饅頭(まんじゅう)大集合!」や会場レイアウトの変更がそれ。

 「県北のおいしいものが集まっています。ぜひ多くの来場を」と力強く呼び掛ける。=9面に特集=

 土々呂小、土々呂中、延岡高、東洋大法学部卒。サン保険企画ファイナンシャルプランナー。延岡市バレーボール協会常任理事、ドルフィンズジュニアバレーボール教室代表も務める。延岡市塩浜町在住、52歳。

その他の記事/過去の記事
page-top