【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

副島延岡税務署長が講演

本紙掲載日:2017-11-15
1面
約80人が参加した第13回「税を考える週間」講演会

税の役割学ぶ−青色申告会青年部

 第13回「税を考える週間」講演会(延岡市青色申告会青年部主管)が11月13日、同市中町のはにわ会館で開かれ、延岡税務署署長の副島裕司さんが「くらしを支える税〜税の役割を中心として」をテーマに話した。

 講演会は、税を考える週間(11〜17日)に合わせて、市民の納税意識の高揚と、税についての理解を深める目的で毎年開いている。講演会と懇親会が行われ、青色申告会会員や市民ら約80人が参加した。

 税務署の仕事などを説明した副島さんは、税を健康で文化的な生活を送るための「社会の会費」とした上で、国の財政状況と社会資本整備や公共サービス、教育費などの使い道を挙げ、納税の大切さを指摘した。

 税務行政の運営の考え方については、国税庁開庁時(昭和24年)にGHQハロルド・モス氏から贈られたスローガン「正直者には尊敬の的、悪徳者には畏怖の的」を引用し、査察調査や滞納の未然防止など確実な税金納付への取り組みを紹介。

 最後に国税庁ホームページの充実や確定申告書等作成コーナー、インターネットで申告や納付などの手続きを行うe―Taxなど納税環境の整備などにも触れ、「今後はいろんな書類の電子化が進むため、マイナンバーの普及促進にも取り組んでいる」などと語った。

その他の記事/過去の記事
page-top