【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

「人」(ひと)−山之口美玖(やまのくち・みく)さん

本紙掲載日:2017-11-14
2面

11月23日にリサイタルを開くピアニスト

 表現したいから音楽をするんだ−−外国人のそういう姿勢を見て、音楽への愛が高まったという。「ステージが怖い、という感情よりも、この曲を表現したいという思いの方が強くなったんです」

 中学時代は人前に出ることが嫌で、ピアノをやめたいと思ったこともあるというが、今、そんな弱さはみじんも感じられない。

 延岡高校、東京音楽大学を卒業後、一昨年ドイツに渡り、ニュルンベルク音楽大学大学院を修了して10月帰国した。11月23日に延岡総合文化センターで記念リサイタルを開く。

 母親もピアニストで自宅にピアノがあったため、明確な記憶がないほど幼い頃から弾いていた。本気になったのは高校生の時。災害時などに心を癒やす音楽に力を感じた。

 留学中、「未熟な自分にはまだ早いかも」と思いながらも、ベートーベン後期のソナタ第30番に取り組んだ。29番以前と構成や作風が違う、哲学的な曲。

 「生きるとは何か、音楽とは何かを悩みながら生きてきたベートーベンの歩みが詰まっているような曲。いくら練習してもなかなか表現できず、悩みました」。ベートーベンの歩いた散歩道を歩き、「ハイリゲンシュタットの遺書」を読んだ。

 「作曲家が歴史上の人物ではなく、そこに生きていたことを感じることができました。ピアノだけでなく、音楽を通じて悩み、考えたことで、自分も成長できたと思います」と振り返る。

 「今の私にできる表現で、ベートーベンの思いが伝わるような演奏ができれば」と抱負。延岡市北新小路在住、27歳。

その他の記事/過去の記事
page-top