【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

“創立の地”日向で記念コンサート

本紙掲載日:2017-11-10
6面
日向教室の出演者の一部

伊達バレエ団・バレエスクール創立70周年

◆11月12日、懐かしい小品から最新作まで

 伊達バレエ団・バレエスクール(伊達由伺子主宰)の第53回日向市総合文化祭参加、創立70周年記念バレエフェスティバル「アニバーサリーコンサートin日向」が、11月12日午後3時から日向市文化交流センター大ホールで開かれる。同スクール、市、市教委、市文化連盟共催。

 同スクールは、戦後間もない昭和22年4月、荒廃した文化を再興しようと、〃日本の現代舞踊の父〃といわれる舞踊家の石井漠氏に強く勧められた伊達小夜子さん(由伺子主宰の母)が日向市で創立した。

 現在は日向市、延岡市、宮崎市に合わせて4教室がある。70周年記念公演は既に今年4月に延岡総合文化センター、5月には宮崎市民文化ホールで行われた。

 創立の地日向で行う今回の公演は、日向と延岡教室の生徒を中心に3歳から大人までゲストを含めて60人が出演する。

 テーマは「踊る歴史70年、未来への架け橋」。第1部は伊達バレエ出身で、演出・振付家としても活躍するプリンシパルダンサー西島数博さん(由伺子主宰の長男)の振り付け最新作「クラシカルシンフォニー」第1楽章で開幕する。

 教室生による名作バレエのヴァリエーション(ソロ)をはじめ、「懐かしい思い出の小品バレエ集」として創立者の伊達小夜子さんの振り付け作品をリメークして上演する。

 このほか、ダウン症の障害がありながら36年間にわたりバレエを続けている木谷容子さん(延岡市)が、自身の詩をテーマに作った作品「働く手」を由伺子主宰の朗読に合わせてバレエで表現する。

第2部は数博さん振り付けによる「ドン・キホーテ組曲2017」など。伊達バレエ出身の橋口晋策さん(フリーランスダンサー)と渡部真衣さん(東京シティバレエ団)らがゲスト出演する。

 日向教室の女性でつくる「日向YUKOCLUB」はジプシーダンス、伊達バレエ出身の西島鉱治さん(由伺子さんの次男)、由佳さん夫妻はスパニッシュダンスを披露。

 数博さんは宮崎市在住の映像クリエーター酒生哲雄さんの映像作品とソロダンスによるコラボレーション最新作「HOPE&LEGACY(希望と遺産)」を特別上演する。

 チケット千円。当日券もある。由伺子主宰は「伊達バレエの誕生の地で開催できることになり、多くの皆さんのご支援、ご協力に感謝します。70年歩んできた集大成として、市民の皆さんにその成長ぶりをご覧いただければ」と話している。

その他の記事/過去の記事
page-top