【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

メディア依存、子どもの心身に影響

本紙掲載日:2017-11-10
4面
講演した市メディア安全推進員の川畑俊一さん

「善しあし十分理解を」−安全推進員の川畑さん講演

 子育てに役立つ学習の場の提供を目的とした「子育てママ・パパの集い」の第1回講座が8日、延岡市の社会教育センターであり、市メディア安全推進員の川畑俊一さん(64)が「メディア依存と子どもへの影響」と題して講演。就学前の子どもの保護者13人が参加し、スマートホンやテレビが及ぼす心身への影響や、メディアとの付き合い方などを学んだ。

 川畑さんは、テレビを見せて育て続けた乳幼児の様子を記録した動画を紹介。メディアに長時間関わることで「名前を呼んでも反応しなくなる」「言葉の発達が遅れる」「無表情になる」と説明した。

 また「距離感を捉えたり、物を立体的に捉える立体視力が低下する」「足の指が反る『浮き指』になる子どもが増えている」などと、身体的な影響にも言及。原因は「メディアを見続けることによる運動不足」とし「子どもと触れ合う大切さの観点からも、一緒に物を作ったり山や川に遊びに行ったりすることが必要」と強調した。

 加えて、十分な睡眠時間の確保を訴えた。「午後10時から午前2時までの間は、脳も体も成長するゴールデンタイム」とし「子どもたちの明るい未来のため、メディアの善しあしを十分に理解し、活用してほしい」と締めくくった。

 参加した同市野田町の磯田美希子さん(32)は「自分に言われているような気がした。きょうをきっかけに、少しずつ生活を見直そうと思った」。同市野地町の造隼早苗さん(32)は「今の時代、メディアに関わらせないということは難しいと思うが、時間を決めるなどして、しっかりと親が管理しないといけないと感じた」と話した。

その他の記事/過去の記事
page-top