【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

秋の全国火災予防運動

本紙掲載日:2017-11-09
1面
秋の全国火災予防運動の啓発ポスター

11月9日からスタート、各消防で啓発活動

 「火の用心ことばを形に習慣に」を統一標語に、秋の全国火災予防運動が11月9日から始まった。15日までの期間中、県北の各消防も防火訓練やキャンペーンなど、さまざまな関連行事を通して、防火意識の啓発に努める。

 昨年1年間に延岡市内で起きた建物火災25件のうち、9件(36%)が10〜12月に発生。冬場にかけて空気が乾燥し、風が強い日も多くなるため、市消防本部はこれからの火の取り扱いに注意を呼び掛けている。

 昨年の建物火災で多かった出火原因は「たばこ」「こんろ」「電気機器」だった。このため同本部は、住宅火災防止の三つの習慣として、▽寝たばこは絶対しない▽ストーブは燃えやすい物から離れた位置で使用する▽ガスこんろなどのそばを離れる時は必ず火を消す―を求めている。

 同じく、四つの対策として、▽逃げ遅れを防ぐために住宅用火災警報器を設置する▽寝具・衣類・カーテンからの火災を防ぐために防炎品を使用する▽火災を小さいうちに消すために住宅用消火器などを設置する▽お年寄りや身体の不自由な人を守るために隣近所の協力体制をつくる―ようアドバイスしている。

 特に火災警報器は、設置から長年たつと電池切れや電子部品の劣化で正常に作動しなくなるため、10年ごとを目安に交換を呼び掛けている。

 運動期間に合わせ、市消防本部は10日午前10時からイオン延岡店で啓発キャンペーンを実施。13日には市役所での大規模事業所訓練を計画している。

その他の記事/過去の記事
page-top