【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

イオン延岡で津波避難訓練

本紙掲載日:2017-11-09
3面
籠で頭を守りながら避難する従業員ら(イオン延岡)

恒小児童、近隣の人も参加

 延岡市旭町のイオン延岡店(杉野康盛店長)は11月8日、営業時間前の店舗で地震に伴う津波発生を想定した避難訓練を行った。市危機管理室、市消防本部(上ノ原一道消防長)、延岡警察署(時任和博署長)の協力で実施した。

 同店従業員や近隣の人ら約450人が参加。訓練は、営業中に南海トラフを震源としたマグニチュード7の地震が発生、その後、大津波警報が発令されたという想定。

 「地震発生」の館内放送があると、従業員は自身の身を守ると同時に、来店客役の従業員を1階の入り口外まで誘導、負傷者が出たとの想定で車いすや担架も外に運んだ。

 さらに、周辺の人たちも合流すると大津波警報を発令、全員で店舗外にあるスロープを上って3階の駐車スペースに避難した。

 恒富小学校(橋本範徳校長)の児童も訓練に参加。教諭が先導、上級生が下級生をサポートしながら3階に避難した。参加した3年の岡田洸晟君は「学校での避難訓練とは違って、地域の人などがいて緊張したけどしゃべらずに行動できた」。橋本校長は「地域のイオン延岡店で避難訓練できることはありがたい」と話していた。

 総評で市危機管理室の羽田克広室長補佐は「旭町の浸水水位は、30センチ〜1・5メートルほどだがなるべく高く身近な場所に逃げることが重要」と呼び掛け、市消防本部予防課の尾定明課長は「一連の流れはとてもスムーズだった。避難場所になっている企業が訓練を行うことはとても重要」。

 イオン延岡店の杉野店長は「地域の人たちと訓練を行うことにより、南海トラフ地震が発生した時の行動が迅速になり、万一の事態に対処できる」と話していた。

その他の記事/過去の記事
page-top