【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

平家と源氏の悲恋、現代に−11月10日から

本紙掲載日:2017-11-08
8面

椎葉平家まつり2017特集

◆大和絵巻武者行列は11、12日

 平家の末裔(まつえい)鶴富姫と源氏の武将・那須大八郎の悲恋の物語を現代に再現する「椎葉平家まつり2017」は11月10〜12日、椎葉村上椎葉の役場周辺などで開かれる。メーンの「大和絵巻武者行列」は11、12日のいずれも午後1時から。同実行委員会主催、夕刊デイリー新聞社など後援。問い合わせは同まつり実行委員会事務局(電話0982・67・3203、同村地域振興課)。

 平家と源氏による最後の決戦「壇ノ浦の戦い」から800年に当たる昭和60年の初回から、台風災害による一時中断を経て今年で32回目。毎年、同村ゆかりの若者が鶴富姫、那須大八郎、観光しいばの3役を務め、同まつりを盛り上げる。

 初日の10日は、午後6時から鶴富姫法楽祭。鶴富姫役の尾前愛美さん(22)=会社員、宮崎市在住=が迎えのこしに乗り、鶴富屋敷から同村役場横の中央ステージへ。

 かがり火に照らされた上椎葉街道を進み、ステージで待つ那須大八郎役の右田和磨さん(29)=役場職員、椎葉村小崎在住=との逢瀬を再現する。その後、神事、琵琶演奏、神楽が行われる。

 11、12日に行われる「大和絵巻武者行列」は同まつりのメーン。那須大八郎の「出陣」の掛け声を合図にスタートし、往路は源氏方のみ鶴富屋敷へと行進する。

 鶴富姫との逢瀬を再現した後、観光しいばの出口真樹さん(23)=看護士、宮崎市在住=も加わり、それぞれのこしに乗って復路へ。地元の子どもたちや神楽保存会らでつくる行列(約300人)を伴い、豪華絢爛(けんらん)な衣装で街道をパレードする。

 ひえつき踊り、稚児、白拍子をはじめ、村内の小学3、4年生から選ばれた「子ども大八郎」「子ども鶴富姫」も参加して花を添える。

【写真説明】華やかな十二単(ひとえ)姿の鶴富姫らによる大和絵巻武者行列
=昨年の椎葉平家まつりから
★★★
◆山本()(※11月8日・8面掲載)
◎椎葉平家まつり2017特集−
いのしし鍋の振る舞い、平家琵琶コンサート・

◆イベント多彩に

 同村役場横の中央ステージでは多彩なイベントを企画している。

 11日は午前9時のオープニングセレモニー後、ご当地グルメ展、やまびこ発表会。同11時から九州復興応援イベントとして椎葉いのしし鍋(500人分)を振る舞う。正午から平家琵琶ミニコンサート、午後0時10分から郷土芸能披露など。

◇スペシャルゲストは鳥羽一郎さん

 12日は午前9時30分から宮崎学園高校吹奏楽部によるミニコンサート、同10時40分からスペシャルゲスト・鳥羽一郎さんによる「平家の里コンサート」、同11時から椎葉いのしし鍋(500人分)の振る舞い、午後0時10分から郷土芸能披露など。


◆鶴富姫−尾前愛美さん(22)「感謝の気持ち忘れずに」

 いつも遠く離れていて、何もしてあげられない椎葉に住んでいる祖父母に喜んでもらいたいという気持ちで応募し、第32代目の鶴富姫をさせていただくことになりました。
 うれしい半面、緊張や不安もたくさんありますが、遠方から椎葉に足を運んでくださる方々や、サポートをしてくださる多くの村民の皆さま、そして一番近くで支えてくれる家族への感謝の気持ちを忘れずに、3日間しっかりとこの大役を務めたいと思います。
 この「椎葉平家まつり」を通して、椎葉の自然の豊かさや、人の温かさ、おいしい食べ物や、歴史の事など一つでも多くの良いところを知っていただけたらうれしいです。
 「また来年も来たい」と思っていただけるような祭りにできるよう、精いっぱい頑張りますので、ぜひ遊びに来てください。
(会社員、宮崎市在住)


◆那須大八郎−右田和磨さん(29)「堂々と臨みたい」

 第32代那須大八郎に任命されました右田和磨と申します。諸先輩方を差し置いて、このような大役を任されることを大変感謝しております。
 椎葉村では村内や村外向けのイベントも数多く実施しており、特に10日から12日に行われる「椎葉平家まつり」では毎年たくさんの方に見に来ていただいております。
 今年、主役であります大八郎役はもちろん初めての経験で、大変緊張するかとは思いますが、皆さんの期待に応えられるよう、堂々とした態度で臨みたいと思います。
 メーンである街頭パレード以外にも楽しんでいただけるイベントをたくさん用意しています。紅葉のきれいなこの時期、観光がてらぜひ、お越しください。
(役場職員、椎葉村小崎在住)


◆観光しいば−出口真樹さん(23)「たくさんの笑顔届けたい」

 椎葉村出身で、小さい頃から祭りに参加してきました。800年の時を超えて那須大八郎と鶴富姫のつかの間の逢瀬が再現される椎葉村の伝統ある祭りで「観光しいば」という大役をさせていただくことに感謝しています。
 椎葉平家まつりの見どころは数多くありますが、大和絵巻武者行列では源氏方と平家方の豪華絢爛な行列が続き、とても見応えがあります。
また、国の重要無形文化財に指定されている椎葉神楽や民謡など椎葉の郷土芸能は本当にすばらしいです。
 3日間の祭りを通し、村内外から来てくださるたくさんの方々に笑顔を届けることができるよう、一生懸命頑張ります。皆さん、大自然に囲まれた椎葉村にぜひお越しください。
(看護士、宮崎市在住)


その他の記事/過去の記事
page-top