【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

清流北川でふれあい魚釣り大会

本紙掲載日:2017-11-08
4面
ニジマス釣りを楽しむ参加者の皆さん
釣り上げたニジマスを手に笑顔でポーズ
希望者の行列ができていたカヌー体験s
おいしそうな香りが漂ったニジマスの塩焼き
白熱した取組に盛んな声援が送られた奉納相撲 ★

カヌー体験、奉納相撲も−延岡

 北川漁業協同組合(長瀬一己組合長)主催の第11回ふれあい魚釣り大会は11月5日、延岡市北川町川内名の北川総合支所下流の北川で行われ、市内外から大勢の親子連れなどが訪れてニジマス釣りを楽しんだ。

 今年は川の水量が多く、開催が危ぶまれたが、直前まで関係者が会場を整備。川をせき止めて、釣り場やカヌー乗り場を整備するなど奔走した。

 この日はやや風が強かったものの、秋晴れの好天。釣り場には約350キロのニジマスが放流され、訪れた人たちは、受け付け順に白や黄緑、黄色と100人ごとに違った色のリボンを付けて〃魚との知恵比べ〃に挑んだ。

 参加した人たちは、群れの動きを見ながら魚の鼻先に餌を持って行き、食い気を誘ってじっと我慢。狙い通りに食い付くと「よしっ」とタイミングを合わせて針掛かりさせ、慎重に釣り上げていた。

 釣った魚は、炭火で焼いて振る舞われたほか、カレーや焼きそばなどの出店もあり、会場にはおいしそうな香りが漂っていた。

 特設土俵では延岡相撲連盟の協力で「川の神さまへの奉納相撲」があった。赤ちゃんの土俵入りや、幼児から小学生の学年ごとの取組があり、勝ち抜きした参加者には賞品が贈られた。

 釣り場の下流では、北川流域ネットが「カヌー体験コーナー」を開設。親子で初めてのカヌーを体験しようと、行列もできていた。

 このほかにもマスコットキャラクターのぼりざるの「のぼるくん」との記念撮影やジャンケン大会、軽トラ市、魚まきなどの多彩な催しで楽しませ、訪れた人たちは秋の休日を満喫していた。

 長瀬組合長は「北川の豊かな自然に触れることで、自然の良さ、素晴らしさを再認識してもらい、北川を守ることだけでなく、皆さんの住んでいる地域の環境保善に役立ててもらえれば」と期待を込めていた。

その他の記事/過去の記事
page-top