【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

県北に神経内科医配置を

本紙掲載日:2017-11-08
3面
河野知事に難病対策の推進を要望する県難病団体連絡協と加盟団体の代表ら

パーキンソン病県支部知事に要望

 県難病団体連絡協議会(廣瀬真会長)と加盟6団体のうちの4団体が11月7日、河野知事に難病対策の推進を要望した。全国パーキンソン病友の会県支部は、県北地区に常勤の神経内科医の配置を求めた。

 パーキンソン病患者やその家族約100人でつくる友の会の甲斐敦史県支部長は「病気が分かるまでに2年かかったという人もいる。県北地区にぜひ専門医配置を」と訴えた。

 県腎臓病協議会の横山真三会長は「週3回の透析が欠かせないが、通院費の助成がない自治体もある。不公平感が生じないよう力添えを」、日本リウマチ友の会の森下啓子県支部長は「災害時に開設の避難所に、身体障害者も安心して休める段ボールベッドの備蓄を」と要請した。

 また、県難病団体連協は重度心身医療費助成制度の継続とさらなる拡充▽「難病の日」(仮称)制定――など10項目を掲げた。

 知事は「しっかり受け止め、今後の施策に生かしたい。段ボールベッドについてはいろいろ勉強したい」と応じた。

その他の記事/過去の記事
page-top