【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 
ホーム | その他の記事・過去の記事
ありがとうカレンダー
本紙掲載日:2017-11-08
3面

心を込めカレンダー作りに励む参加者

県北の地域医療を守る会

◆感謝の気持ち込め製作

 県北の地域医療を守る会(芝弘光会長)は11月5日、延岡市まちづくりセンター1階多目的ホールで「ありがとうカレンダー」作りに取り組んだ。

 日ごろお世話になっている医療者に感謝の気持ちを伝えようと、小学生18人とその保護者8人が手作りカレンダーを作製した。ありがとうカレンダーは平成22年度から、翌年を除き毎年続けており、今年で7回目という。

 あいさつに立った盒驚乕副会長は「感謝の気持ちを込めて、すばらしいゴム印を作ってください」と激励した。

 参加者は土々呂町在住で絵手紙教室を主宰する渡辺愛さんの指導の下、彫刻刀を使ってケシゴムはんこに図案を掘り、赤や青、黒いインクでカレンダーに印刷して12枚の原板を完成させた。

 惣領町の三富直輝君(東小5年)は弟の信太君(同3年生)と母親と3人で初めて参加。直輝君は2月と6月の2カ月分を担当し、「メジロ」と「アユ」を、信太君も2月の「鬼(節分)」を彫って印刷した。直輝君は「曲線を彫るのが難しかったけどうまくできた」。信太君も「かわいい鬼ができた」と感想を話した。

 この日完成させた原板から来年のカレンダー270部を作製し、県立延岡病院の医師や市内の医療機関、関係大学に贈ることにしており、12月には贈呈式を予定している。