【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

「戯曲・親鸞」95年ぶりに出版

本紙掲載日:2017-11-08
1面
初版から95年ぶりに発刊された「戯曲・親鸞」
香春建一さん

よみがえった香春建一さんの本

◆「親鸞文学全集」の第4巻に

 延岡市大貫町の真宗大谷派誓敬寺(せいきょうじ)の先々代、第17世住職、香春建一(かはる・けんいち)さん(明治21年4月―昭和46年10月)が大正11年に発刊した「戯曲・親鸞」が初版から95年ぶりに復刻、発刊された。

 今年から来年にかけて順次発行されている全13巻の親鸞文学全集(同朋舎新社発行)の第4巻として出版された。

 「戯曲・親鸞」は、京都清水寺の舞台から始まり31歳の若き日の親鸞(善信)の恋愛から90歳で入滅するまでの生涯を全4幕で描いている。

 香春さんは誓敬寺に生まれ、県立延岡中学校を卒業、京都大谷大学に学んだ。大正5年に父(第16世の香春大容師)が亡くなり、第17代住職を継いだ。

 巻末の添え書きによると、大正10年9月27日に起稿し、同年11月12日に脱稿。わずか1カ月半で書き上げ、翌11年に初版を発刊した。その年33歳。7回忌を迎えた父にささげるとしている。

 西郷隆盛と西南戦争の研究家として知られ、戦争の生き証人の証言、目撃談を収集した。和田越決戦、可愛岳突破から鹿児島への敗走路を歩き、証言を実名で記録した「西郷臨末記」(昭和43年本紙連載、同45年単行本発刊)は貴重本。戦争の体験者がいなくなって一段と輝きを増し、多くの作家が引用している。

 著書には、これらの他、「異端者物語」「大西郷異聞」「西郷と其徒」など多数。詩、短歌、随筆、童話など幅広く文筆した。

その他の記事/過去の記事
page-top