【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

利用者に本格イタリアン

本紙掲載日:2017-11-07
2面
金井シェフ(左)と本格イタリアンを味わう利用者

大瀬別荘グループホーム−延岡

◆金井シェフ腕振るう

 延岡市古城町の認知症対応型共同生活介護「大瀬別荘グループホーム」(山祐道施設長)は11月6日、利用者やその家族に本格イタリアンを提供した。イタリア創作料理「KANAYA」(同市土々呂町)の金井喬志オーナーシェフ協力の下、毎年実施している昼食イベント。この日も金井シェフが同所を訪れ、厨房(ちゅうぼう)で腕を振るった。

 メニューは小エビとカボチャのクリームリゾット、鶏もも肉のトマト煮込み蒸し野菜添え、KANAYA自家製野菜のパン、ココナッツ豆腐黒蜜とフルーツ添えの4品。

 「高齢の方でも食べやすいように」(金井シェフ)と、消化吸収に優れた食材、調理方法で約30食分が用意された。

 プロの手で作られた彩り豊かな料理の数々に、利用者は顔をほころばせながら舌鼓を打った。その様子を見守った施設職員は「箸の進みが早い」と笑顔。金井シェフも「喜んでもらえたようでなにより」と話していた。

 平成27年に開所した同グループホームは、専属の栄養士が地元の食材にこだわった食事を日々提供する一方で、開放的な施設運営の方針の下、外食の機会も積極的に設けている。

 山施設長は「利用者にとって食事は大きな楽しみの一つ。外食はたびたびできることではないので、このようにプロのシェフに来てもらえるのはとてもありがたい」と話した。

その他の記事/過去の記事
page-top