【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

城山のヤブツバキ「内藤」

本紙掲載日:2017-11-06
1面
日本ツバキ協会の「2018年椿カレンダー」に掲載された延岡城山のヤブツバキ「内藤」

カレンダーに採用−日本ツバキ協会

 日本ツバキ協会が編集、発行する「2018年椿カレンダー」に延岡城山のヤブツバキ「内藤」の写真が採用された。カレンダーは毎年、同協会会員などが撮影した全国のツバキの中から13品を選んでいる。全国有数の群生地である延岡城山のヤブツバキが掲載されるのは初めて。城山ヤブツバキの保護、啓発に取り組んでいる「延岡城山ヤブツバキを楽しむ会」は「とても名誉なこと」と喜んでいる。

 掲載は、同会代表世話人の江藤奈保さんが今年3月に発刊した「延岡城址のヤブツバキ」がきっかけ。同協会に贈呈したところ、「内藤」の写真をカレンダーに掲載したいとの連絡があり、写真を提供した。江藤さんは「本が協会からどう評価されるかが一番気掛かりだった。採用していただいてうれしい」と話した。

 「内藤」は野生の一重で椀咲きの中輪。1〜2月に淡い桃色の花を咲かせる。名前は平成8年、同会が延岡藩主だった内藤氏に敬意を表して命名した。カレンダーでは4月のページに写真が大きく掲載されている。

 江藤さんによると一般社団法人の同協会には約1500人の会員がいる。江藤さんは「全国のツバキの愛好家が見てくれる。掲載されて誇らしい気持ち」と話した。

 延岡城山ヤブツバキを楽しむ会は同協会からカレンダー30部を入手、希望者に販売する。カレンダーは1冊1200円(税込み)。送料別。

その他の記事/過去の記事
page-top