【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

にぎやかに餅つき

本紙掲載日:2017-11-04
2面
にぎやかに餅つきをする八幡巳午会のメンバー

八幡神社−日向市富高

 日向市富高の八幡神社(三尾隆平宮司)恒例の秋まつりは11月5日開かれる。これを前に4日、境内でにぎやかに餅つきが行われた。

 餅は5日、厄落としの餅まきに使われる予定で、餅つきには神社の総代や富高地区の入り厄の人たちでつくる八幡巳午=みうま=会(鈴木宏会長、34人)のメンバーと、その妻子合わせて約80人が参加した。

 もち米は地区の人たちが持ち寄った360キロ分。昔ながらのきねと臼のほか、自動餅つき器7台をフル稼働し、午前6時からつき始めた。

 5日の秋まつりは午前8時30分から。同9時30分にみこしと餅をのせた軽トラが同神社を出発し、地区内約10カ所を巡行しながら随時、巳午会の会員たちが厄落としの餅まきを行う。このうち、5日が「バザー参観日」となっている富高小では60キロ分、最後は午後1時ごろに境内でまく予定。

 三尾宮司(80)は「五穀豊穣(ほうじょう)や家内安全を願う秋まつり。一般の市民の参加を歓迎します」と呼び掛けている。

その他の記事/過去の記事
page-top