【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 
ホーム | その他の記事・過去の記事
地域づくりに女性の視点
本紙掲載日:2017-11-03
8面

磔さん(右端)の講義を聞く参加者

提言講座始まる−県男女共同参画センター

 地域コミュニティーづくりに欠かせない男女共同参画の視点と課題解決の手法を学ぶ「提言講座」が10月28日、延岡市桜小路の市男女共同参画センターで開講した。

 自治会長や議員など意思決定の場に女性の参画が進んでいないことから、地域づくりに関心のある女性のネットワークを構築しようと県男女共同参画センター(井戸川紀代子所長)が平成27年度から開いている。

 初回は市内の女性22人が参加し、ワークショップデザイナーの磔恵さん(オフィス・ピュア)を講師に迎えて「多様性尊重」のテーマで学んだ。

 磔さんは、「いろいろな人がいる事でいろいろなことが学べる。男女共同参画や人権は地域づくりに欠くことのできない視点」「思いや考えを共有することが社会を豊かにするカギ」などと述べ、多様性を理解し、尊重することの大切さを強調した。

 参加者は、利き腕とは違う方の腕で紙に名前を書いたり、丸や三角などを組み合わせて絵を描くなどユニークな体験型のワークショップを楽しんだ。

 講座は来年2月まで計6回開き、地域の課題解決のための提言文を作成、市長らにプレゼンテーションを行う。