【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 
ホーム | その他の記事・過去の記事
フランス料理も習ったよ
本紙掲載日:2017-11-03
7面

ヒミさんから味覚についての話を聞く港小児童

シェフのヒミさん迎えて−港小で味覚の授業

 みやざきの食と農を考える県民会議は10月25日、延岡市港小学校(大陽子校長32人)で「味覚の授業」を行った。31人が参加し、味覚についての勉強やフランス料理「ラタトゥーユ」を調理した。

 アメリカフード界のアカデミー賞ともいわれる「TimeOutNYFoodアワード」やニューヨークミシュランで受賞した日本人シェフのヒミ・オカジマさんが授業を行った。

 ヒミさんは、味を感じる基本味の五味(甘み、酸味、苦み、塩味、うま味)と、刺激(辛み、渋み)について説明。子どもたちは、チョコレートや塩などを鼻をつまんだまま口に入れ、どの部分で味を感じているかを学んだ。

 また、ヒミさんに教えてもらいながらラタトゥーユを作った。トマトやナス、ズッキーニなどをオリーブオイルとニンニクで炒め、野菜から出る水分で煮込む料理。上級生が下級生のサポートをしながら野菜を切り、ベーコンと共に鍋に入れて煮込んで完成させた。ヒミさんは「外国では濃い味に慣れてしまい、味覚が分からなくなっている子どもも多い。小さいころから味を意識していてほしい」とアドバイスした。

 児童を代表して5年生の歌津明音君はお礼の言葉の中で「きょう習ったフランス料理を家でも作ってみたい」と話した。