【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

旬鮮食材・佐土原ナス−平成に復活の伝統野菜

本紙掲載日:2017-10-31
4面
焼きナスがおいしい「佐土原ナス」

 旧佐土原町を中心に県央部で栽培されていた宮崎の伝統野菜で、ここ数年脚光を浴びている。

 見た目は表面の色が見慣れたナスの濃い紫色ではなく、薄い紫色なのが特徴。江戸時代から滑らかな口当たりと品のある甘さで地元の人たちに愛されてきたが、栽培が難しく、色や形の不ぞろいなものが多かったことから、昭和50年代に一度市場から姿を消した。

 平成12年に県総合農業試験場に保管されていたわずか4粒の種から、宮崎市内の農家が栽培に成功し復活させた。平成17年には同市内の農家で「佐土原ナス研究会」を設立し、栽培に取り組んでいる。

 現在では年間を通じて出荷できる態勢が整い入手しやすくなっているが、露地物の旬は夏から秋にかけての今ごろ。

 種子が少なく、果肉は軟らかくて口に入れるとほぐれるような食感。パッケージにもあるように「焼きナス」がもっともおいしい食べ方。表面にバターを落とし、しょうゆをたらし、かつお節をまぶしていただきたい。

その他の記事/過去の記事
page-top