【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

延岡少年、堂々の強さ

本紙掲載日:2017-10-30
9面
【小学1、2年決勝・延岡少年柔道クラブ―生目柔道場】中堅戦で投げ技を仕掛ける延岡少年の小野(右)

第19回磯貝杯九州少年柔道大会・ハイライト

◆練習の成果発揮し快勝

 各部門で宮崎市内や県外のチームが上位を占める中、小学1・2年の部で、延岡少年柔道クラブが堂々の強さで初優勝を果たした。

 準決勝の乳山道場(福岡)を2―0で下し、全部門を通じて同クラブとして初の決勝進出を決めると、指導陣にも他の学年の選手たちにも、優勝の期待が一気に広がった。

 決勝の生目柔道場は宮崎市の強豪チームだったが、盛り上がる空気に後押しされるように先鋒・工藤菜子(東海東2年)が抑え込みで一本勝ち。続く中堅・小野亮(北川小1年)も返し技からの抑え込みで一本勝ちを収め勝利を確定すると、大将・首藤吉慶(川島小2年)も果敢に攻めて引き分けとし、黒星を付けることなく優勝を手にした。

 鈴木浩之監督は「体格の良い選手がそろっていたので優勝を狙えると思っていた。立ち技も寝技も申し分なく、練習の成果を発揮できた」と笑顔。初の優勝旗を手にした選手たちをたたえた。

 5戦全勝でチームを引っ張った工藤は、「最後の試合で吉慶君が〃やばい〃と思ったときもあったけど、引き分けてくれて、さすがだと思いました」。4勝1分とした小野も「優勝できてうれしい気持ち。ますます柔道が好きになった」。

 大将としてチームを支えた首藤も4勝1分の好成績。「初めての優勝だからすごくうれしい。ほかの大会でも優勝できるように、一生懸命練習します」と胸を張った。

 控え登録で出番はなかったが、荒木心之介(東海東小1年)は懸命に声援を送った。「僕も出たかった。来年は連覇を狙う」とレギュラー入りを誓う。久々の地元勢の晴れ姿に、会場の拍手もひときわ大きく聞こえた。

その他の記事/過去の記事
page-top