【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

ゲストティーチャーから学ぶ

本紙掲載日:2017-10-30
6面
カンムリウミスズメについて話す中村さん
中村さんの話を熱心に聴く草川小児童

門川草川小キャリア教育デイ−カンムリウミスズメの生態など

 門川町草川小学校(四角目浩行校長、323人)で10月28日、地域の人や外部講師を招いて学ぶ「キャリア教育デイ」があり、1〜5年生児童が〃ゲストティーチャー〃による授業を受けた。

 門川町が研究・推進を図っているキャリア教育の一環として今年初めて実施。この日は、地域の人や保護者、外部講師ら16人が訪れた。

 5年生の授業では、NPO法人宮崎野生動物研究会の中村豊副理事長が「カンムリウミスズメについて」と題して講話をした。

 中村さんは、天然記念物に指定されているカンムリウミスズメは門川町沖の枇榔(びろう)島が世界最大の繁殖地であることを紹介した。

 体長24センチ前後でムクドリほどの大きさだが、体重はムクドリの倍以上の160グラムほど。「飛ぶことが苦手で助走しないと飛べない。泳ぐことは得意で一生のうちほとんどを海上で過ごします」と話した。

 陸に上がるのは繁殖期のわずかな期間だけで、繁殖地である枇榔島には12月末から姿を見せ始める。2月ごろに上陸し、最も多く姿を見ることができるのは3、4月ごろだという。

 「なぜ門川町にくるの?」という質問に対して中村さんは、門川湾には餌となる稚魚が豊富でカラス以外の天敵がいないことなどを挙げ、「門川町の人たちによる保護活動もすみやすい環境の一因」と強調。

 その上で、「海は人間にとっても大切。ごみを捨てないことはもちろん、汚れている所はきれいにすることを心掛けてほしい」と呼び掛けた。

 授業を受けた盒桐汰君は「泳ぐことは知っていたけど、陸で歩くのが苦手とは知らなかった。思っていたより体は小さくて体重は重いことが分かりました」と話した。

その他の記事/過去の記事
page-top