【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

富島、揺るがない信頼

本紙掲載日:2017-10-28
9面
5回無死一塁、中前打を放つ松浦

第141回九州地区高校野球大会準決勝・球音

◆失点にも雨にもぶれず

 いきなりの3失点にも、終盤の雨による約1時間の中断にも富島の心は全く揺れなかった。その根拠は自信と信頼。「(中川)大輝につなげば」―。最強打者を2番に置いた打線で、その主将が5打数4安打。そこへのつなぎも巧みで堅実だった。

 初回から3失点。だが、「引きつけて、(前へ)突っ込まないこと」。中川は、相手が甲子園のマウンドを知る投手でも、追い込まれても、全く関係なし。第1打席からすべてを捉え、左へ、中へ、右へ。そして―。広角へ安打を放ち続けた。

 八回は1死で山下蒼生。「前の好機で打てなかったので、出ることだけ。あとは大輝が打ってくれる」。続く窪田晃誠の打席で急に大粒の雨。1時間7分の中断を挟んだが、集中は切れない。

 窪田が「1、2番に回せば1点につながる」。3バントを着実に。受け取った松浦は打席に入る前に、「大輝さんから『ここぞ』と笑顔で声を掛けられ、当たっている大輝さんに回すだけ」。逆らわずに、左前に運んだ。

 そして中川。「ここで打てばセンバツ。気持ちで打った」。2ストライクから左翼線へ二塁打を放ち、決勝へ導く決勝点をもぎ取った。

 3安打の松浦は「後ろにつなげばという信頼ができている。先制されても自分たちの野球をすればと落ち着いていた」。中川は「最初はグダグダだったチームが、試合ごとに団結し、成長してきた」。決勝ではさらにつながる打線になっているかもしれない。

▽第2試合
東筑(福岡1位) 300100100−5
富島(宮崎2位) 10103001×−6
(東)石田、林―北村。(富)黒木将―黒田。
▽本塁打=北村(東)。▽三塁打=田中(東)、松浦(富)。▽二塁打=川
添、中川(富)。
[評]富島は松浦の右越え三塁打と中川の左前打で1点を返すと、三回も上位がつなぐ。五回は窪田の四球から1〜3番の3連打と黒田の左前打で逆転。八回は中川の左線二塁打で決着を付けた。黒木将は初回以降、立ち直り最少失点でしのいで3試合連続の完投勝利を挙げた。

その他の記事/過去の記事
page-top