【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

ドイツ柔道連盟、延岡合宿決まる

本紙掲載日:2017-10-27
1面

グランドスラム東京−直前の11月14〜25日

 ドイツ柔道連盟の延岡合宿が決まった。12月2、3日に東京で開催される国際大会「柔道グランドスラム東京2017」を前にした調整合宿で、期間は11月14〜25日の12日間。10月27日の定例記者会見で首藤正治市長が明らかにした。延岡市への海外勢の柔道合宿は初めてという。

 県は2020年の東京五輪・パラリンピックに向け、同国を相手にホストタウンとしてアピールしており、延岡市は柔道チームの誘致を進めてきた。

 具体的には昨年10月、同連盟のペーター・フレーゼ会長、旭化成柔道部OBでモントリオール五輪無差別級金メダルの上村春樹講道館館長、首藤市長の3人が東京で会談する機会があり、来延を呼び掛け。

 今年4月に上村館長の強力な手助けもあって、フレーゼ会長ら同連盟関係者が実際に旭化成柔道場や市民体育館などを視察に訪れ、「素晴らしい環境だ。ぜひ延岡で合宿をしたい」と発言していた。

 今回の合宿には、選手、監督、コーチ、スタッフを含めて15〜20人が参加する予定。期間中は午前中は旭化成柔道場で、午後は市民体育館で稽古に励み、旭化成柔道部との合同練習も検討しているという。一般市民の見学は自由だが、写真や動画の撮影は不可。

 期間中は市役所正面玄関掲揚台にドイツ国旗を掲げるほか、歓迎ペナントを中央通に設置する予定。首藤市長は「具体的な成果が出てうれしく思う。市民を挙げて歓迎ムードを盛り上げていきたい。合宿の誘致だけが目的ではなく、市民の国際化への取り組みがさらに展開していく大きなきっかけにもなってほしい。来年以降もアプローチを続けていきたい」と述べた。

その他の記事/過去の記事
page-top