【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

活性化策−食、観光にアイデア

本紙掲載日:2017-10-27
3面
行政関係者や協力者を前に活動を報告する大正大学地域創生学部の学生

大正大学地域創生学部2期生7人、延岡実習40日間

◆ご当地スイーツ、イベント提案次々

 9月末から延岡市に滞在し地域活性化策を探っていた大正大学(東京都豊島区西巣鴨)地域創生学部2期生の1年生7人は10月26日、その集大成となる活動報告会を同市中小企業振興センターで開いた。首藤正治市長ら行政関係者や活動の協力者約30人を前に、県外の視点から考えたいくつかのアイデアを披露した。

 7人は長期滞在型の「地域実習」の一環で9月19日に延岡入り。これまで商業、工業、農業、漁業を市内を中心に高千穂町まで出掛けて視察、山や海、川など自然に触れ、「食」と「観光」にテーマを絞ってアイデアをまとめてきた。

 報告会で学生たちは「自然資源を活用したアクティビティが展開されている」「観光地と市街地の距離が近い」などの長所や、「延岡らしいお土産が少ない」「公共交通が不便である」などの短所を指摘。その上でご当地バーガーやスイーツの開発、自然を生かしたイベント招致などを挙げた。

 このうち、ご当地スイーツについて「延岡の透き通った美しい水が印象に残った」として「水まんじゅう」を提案。人の温かさをイメージしたクリの黄色、雄大な自然を連想する抹茶の緑色、神話的背景を描くイチゴの赤色のそれぞれのあんを透明なクズで包み込む和菓子で、市内の菓子店「虎屋」の協力で製作した試作品も提示。神話との関わりがある延岡に掛けて「とよたま姫」という商品名も発表、お菓子のターゲットや価格など販売計画も示した。

 交通の不便さを解消したいと「シェアサイクル」を発案。この滞在で「車が多く、歩行者が少ない。公共交通も不便で一般観光客は不自由さを覚える」と感じたという。シェアサイクルはレンタルサイクルと異なり、街中にいくつもの貸し出し拠点「ポート」を設置し、利用者がどこでも貸し出し、返却できるのが特徴。交通ルールの明確化や保険等の整備など導入までの具体的なステップも紹介。「延岡市をスポーツでもっと元気なまちにしたい」と述べた。

 そのほか、昨年の1期生も提案していた環境スポーツイベント「SEATOSUMMIT」の誘致や延岡発祥のチキン南蛮を生かしたバーガーの改良型を紹介。経済効果などを示しながら昨年よりも強く訴えた。

 学生は最後に「多くの人に支えていただき、事故もなく無事に実習を行うことができた。長いようで短い実習の中でいろいろなことを学び、身も心も成長することができた」と感謝を伝えて締めくくった。

 同学部は創設2年目。ローカリズムに徹し、これからの地域を担う人材育成が狙い。カリキュラムの特色の一つが、1、3年次に行う「地域実習」で、同大の「地域構想研究所」が主催する自治体コンソーシアムに加盟する地域がその舞台となる。延岡市は昨年に続いて2年連続の受け入れで、2期生106人は同市を含む全国12地域に分かれてこの実習を展開している。

 延岡班のメンバーは29日午前に延岡をたって東京に戻る予定。

その他の記事/過去の記事
page-top