【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

高千穂高校創立100周年「大道」(4)

本紙掲載日:2017-10-26
1面
高校生のアイデアから生まれたキャッチコピー入りの立て看板。地元商店街の活性化に一役買っている

校訓「大道を歩む〜鍛練・協調・奉仕〜」

◆経営情報科
 地域活性化に取り組む−解決策を模索、実践学習

 「寄り道で笑顔になりませんか?」−−。高千穂町中心部の神殿通り。立ち並ぶ商店や飲食店などの店先に置かれたキャッチコピー入りの立て看板(高さ90センチ、横30センチ)が目を引く。

 高千穂高の経営情報科は、簿記や情報処理、電卓、ビジネス文書などの資格取得を目指すだけでなく、フィールドワークなどを通して地域活性化策を模索するカリキュラムを4年前から取り入れている。3年次に実践する課題解決型の学習だ。
 
 地元の商店街を盛り上げようと、平成26年度から昨年度まで実施した、町商工会の有志グループ「高千穂神々の駅」(興梠孝明代表)との協働による「神ing(カミング)舞town(マイタウン)プロジェクト」もその一つ。

 立て看板は、このプロジェクトの一環として昨年1月に行われた「商店街キャッチコピーコンテスト」から生まれたものだ。

 当時の3年生が考案した1位のキャッチコピーを、商業系部活動のビジネス研究部が1年ほどかけて形に。6月、町内の飲食店や商店など17カ所にプレゼントした。神様のキャラクターなどもあしらったかわいらしいデザインは評判だ。

 神殿通りで商店を営む興梠代表(60)は「高校生のアイデアが地元の商店街に活力をもたらしてくれている」と笑顔。製作に携わった3年の一水理誓さん(17)は「立て看板が置かれているのを見るとうれしいし、地域に貢献できたことを実感する」と話している。

 赴任10年目を迎えた同科の甲斐大介教諭(38)は「課題解決型の学習を取り入れてから、生徒たちがより意欲的、主体的に学ぶようになった」といい、「この学習を通してコミュニケーション能力や柔軟性を伸ばし、社会に出た時に即戦力として活躍できる人材を育てたい」という。

 ちなみに、今年度の3年生24人は、6班に分かれて活動。飲食店を中心に地域の魅力を発信する情報誌の作製、地場の農産品を活用した商品開発など、班ごとのテーマに沿ってフィールドワークやグループワークを重ねている。

(題字は国語科・山麻里教諭)

その他の記事/過去の記事
page-top