【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

延岡市出身イラストレーター・上杉忠弘さん

本紙掲載日:2017-10-25
7面
「にじいろ音楽会」の映像打ち合わせを行う上杉忠弘さん(右)と三橋幸四郎さん
絵本「ねこの看護師ラディ」◎上杉忠弘

10月29日、宮崎マルチメディア専門学校で講演

◆三橋幸四郎さん(延岡出身副校長)聞き手に

 延岡市出身のイラストレーター、上杉忠弘さんの特別講演会が10月29日午後2時から、宮崎市の宮崎マルチメディア専門学校である。トークショーとデザインワークのデモンストレーションなどを行う。同校は「県北から将来デザイナーを目指す高校生たちに参加してもらいたい」と話している。

 上杉さんは本やCDジャケット、企業広告などのイラストを手掛けている。2010年公開のアメリカのアニメ映画「コララインとボタンの魔女」ではアニー賞最優秀美術賞を日本人として初めて受賞した。

 さらに、出身地の延岡市の高速道路開通記念ポスター「つながるのべおか」シリーズ、食の魅力あふれるまちづくりを目指す同市の東九州バスク化構想を後押しするための宮崎交通ラッピングバス「バスクバス」のデザインをするなど幅広く活躍している。

 今回の特別講演会は、同じ延岡市出身で宮崎マルチメディア専門学校副校長の三橋幸四郎さんが企画した。

 三橋さんは毎年、県北の特別支援学校で開かれている「にじいろ音楽会」の上映動画を制作している。今年度の上映作品に上杉さんが絵を担当した絵本「ねこの看護師ラディ」を選び、その動画化を三橋さんが手掛けたことが縁で講演会が実現することになった。

 三橋さんが聞き手を務める。上杉さんが実際にイラストを描く実演も行われる。

 県北から聴講を希望する高校生は事前申し込みが必要。宮崎マルチメディア専門学校ホームページから申し込める。会場は宮崎市高千穂通の同校4階。問い合わせは同校(電話0985・20・3667)。

【上杉忠弘さんプロフィル】
1966年、延岡市生まれ。西小、恒富中、延岡工業高を経て、東京の美術学校セツ・モードセミナー卒業。イラストレーターとして女性誌や企業広告、CDジャケットなどで活躍している。
2010年に映画「コララインとボタンの魔女」のコンセプトアートでアニー賞最優秀美術賞を日本人初受賞。14年のディズニー映画「ベイマックス」でもコンセプトアートを担当。昨年、絵本「ねこの看護師ラディ」(文・渕上サトリーノ)が講談社から出版された。平成22年度宮崎県文化賞受賞。

その他の記事/過去の記事
page-top