【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

夕刊デイリー日向支社で記者体験

本紙掲載日:2017-10-25
6面
小泉さんの話を聞く蛯原さん(右)と河内さん

日向・大王谷学園中2年生が聞く

◆はまぐり碁石まつり(28、29日)

 日向市大王谷学園中等部2年生の河内瀬桜=せな=さん(14)と蛯原璃子さん(14)は24日から3日間、夕刊デイリー新聞社日向支社で職場体験を行い、記者の仕事を体験しました。同校が日向商工会議所や日向市キャリア教育支援センターと連携して取り組む社会体験学習「14歳のよのなか挑戦」の一環。

 初日は日向市役所を訪れ、10月28、29日に日向市文化交流センターなどである「第29回日向はまぐり碁石まつり」について、商工港湾課雇用・物産振興係の小泉友徳係長(40)に開催目的や特徴、見どころなどについて話を聞きました。河内さんと蛯原さんの記事を紹介します。


◆「伝統と新しい試み取り入れて」日向市大王谷学園中等部2年・河内瀬桜

 日向はまぐり碁石まつりは、全国唯一のはまぐり碁石のPRと囲碁文化の一層の普及、発展に寄与することを目的として開催されている。日本棋院という囲碁好きな人たちが集まる組織と、地元で作られた碁石を世の中に広めたいと願う市役所の職員が協力して始めた。たくさんの協賛企業や囲碁好きの人たちに支えられ、今年で29回目を迎える。

 今年の碁石まつりは伝統を取り入れつつ、新しい試みをはじめ多くの人たちに碁石まつりに興味を持ってもらえるように、約1年がかりでさまざまなことを準備してきた。

 特に、今年初めての試みである「一碁一会(いちごいちえ)」は、団体戦に参加したくてもできない人を対象に設けられたものだ。

 小泉さんは「もともと仲間うちで出場する楽しさもありますが、この日初めて会った人とチームを組んで出て、これが縁で交流が続くかもしれないことを期待しています」と話してくれた。

 この他に、参加者の昼食はハマグリや平兵衛酢(へべす)、チキン南蛮など、日向市や宮崎県の食材をアピールするメニューの弁当を用意しているという。

 囲碁まつりの運営には、長い歴史の中にさまざまな苦労があったらしい。当初のまつりは参加者が100人程度だったが、今年は350人以上まで増加した。県内外からの参加者が増加したことで、より準備の方も大変になるという。

 しかし、小泉さんは「苦労した分、参加してくれた人が『すごく良かった』『来年も絶対参加するよ』と言って帰り、本当に次の年も参加してくれると、『楽しみにしてくれているんだな』と実感します。特に、『日向市のはまぐり碁石は素晴らしい』と言ってもらえるとうれしいですね」と笑顔で話してくれたことが印象的だった。

 今回の取材を通して、地元の特産品であるはまぐり碁石や碁石まつりについて、さまざまなことを知ることができた。この取材をするまで私は碁石まつりを知らなかったので、これからも地元の特産品や各種イベントについてたくさん知っていきたいと思った。碁石まつりにも、ぜひ足を運んでみたい。


◆「子どもから高齢者まで幅広く」日向市大王谷学園中等部2年・蛯原璃子

 今年で29回を迎える日向はまぐり碁石まつりには、団体戦に56チーム168人、個人戦は356人が参加する。

 競技には、トーナメント方式とスイス方式がある。2回以上対局できるようにトーナメント戦は敗者復活戦、スイス方式では例えば2勝同士、1勝1敗同士、2敗同士の対局があり、順位を決めていく。

 参加者は年配の人が多いが、一般の部やジュニアの部もあり、最年少は5歳の子どもが参加予定という。なお、最年長は延岡市在住の90歳の男性。

 今年は初の試みとして「一碁一会」を企画。これは、団体戦(3人一組)をつくる際に、1人や2人の参加者を組み合わせて即席チームをつくるというものだ。団体戦56チーム中、7チームが一碁一会チームとして参加する。

 大会には、日向市出身の有村比呂司八段をはじめ3人のプロ棋士が特別ゲストとして来場。28日の午後6時からホテルベルフォート日向で交流懇親会があり、プロ棋士による名局解説などがある。29日には無料指導碁や初心者囲碁講座があり、プロ棋士や参加者と触れ合うことができる。懇親会の参加費は一般4000円、中学生以下2000円。

 他にも県のPRとして、チキン南蛮や平兵衛酢、はまぐりの炊き込みご飯など、宮崎県の特産品を使った弁当を提供する。

また、すべての試合で日向市の特産品「はまぐり碁石」を使用している。大会の入賞者への賞品にも、はまぐり碁石などが用意されているという。

 取材を通して、子どもからお年寄りまで幅広い世代が大会に出場することに驚いた。これまで囲碁をしたことはないが、これをきっかけに挑戦してみようと思う。


その他の記事/過去の記事
page-top