【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

衆院選−県内主要政党に聞く

本紙掲載日:2017-10-24
2面

結果どう受け止めますか?

◆消極的選択での勝利−自民党県連・坂口博美会長

 期間中、「安倍さんはあまり評価できないが、投票先が自民しかないので」という声をたくさんいただいた。消極的な選択で勝たしてもらったと受け止めており、今後の政権運営、特に改憲論議はおごらず、謙虚に進めなければならない。当選した3人にはより一層地域に軸足を置いて、地元の声を反映した政治を行っていただきたい。


◆県連立ち上げ勢力拡大を−希望の党・中山成彬幹事

 選挙カーでマイクを離さずに必死な思いで訴えてきた。九州に小池旋風は吹いていなかったが、今の自民党政権でいいのかという声を各地で聞き、何とか吸い上げたいと思ったが、努力不足だったことは認めざるを得ない。県連組織をつくっていく中で、県議や市議らいろんな方がはせ参じてくれることを期待している。


◆比例九州での1議席減、残念−公明党県本部・重松幸次郎幹事長

 自民との選挙協力で、県内小選挙区では推薦した自民3氏が当選したことは喜ばしい。一方で、わが党は比例代表九州ブロックで定数削減のあおりもあって1議席減らしたことは非常に残念。社会保障の充実や教育費負担の軽減などには消費税10%への増税が必要だということを、より徹底して訴えるべきだった。


◆市民と野党の共闘、今後も−共産党県委員会・松本隆委員長

 選挙の直前で野党分断が起き、逆流の中での非常に困難な状況だった。比例代表九州ブロックで2議席から1議席に減らしたことはわれわれの力不足だったが、市民と野党の共闘には貢献できた。市民と野党の共闘こそが政治を変える力であり、今後ともそのスタンスで活動していきたい。


◆統一地方選で党勢拡大を−社民党県連・満行潤一代表

 民進の希望への合流問題に端を発し、県内選挙区では積み上げてきた野党共闘の前提が選挙直前に壊れ、与党の大勝を許してしまった。比例だけの戦いになったが、九州・沖縄で改選前の2議席を確保できたことはよかった。1年半後の統一地方選では何としても議員数を増やすなど党勢拡大に努め、参院選につなげたい。


◆敗因は野党分散支援者におわび−民進党県連・田口雄二代表

 野党がバラバラになり力が分散し、自民党を利する結果になってしまったのは残念。安倍首相は大勝におごることなく、国民目線の政治をやってほしい。県連としては選挙区に候補者を擁立できず、支援者に改めておわびしたい。組織の先行きは不透明だが、中央の動きも注視しながら、連合宮崎や支援組織とも相談しながら対応したい。

その他の記事/過去の記事
page-top