【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

延岡市、1日遅れの開票−衆院選

本紙掲載日:2017-10-24
1面
10月23日に実施された延岡市の開票作業

各課に要請、約200人が作業

 10月22日投票の衆院選で、台風による荒天のため島浦町の投票所から投票箱が届かずに延期された延岡市の開票は23日、市民体育館であった。

 予定していた学生などは延期により参加が不可能となったため、市選管の岡田秀一委員長が、杉本隆晴副市長との連名で、市役所各課に協力を要請。市職員ら約200人が作業を行った。

 開票は午後1時に始まり、島浦町を含む全88投票所の投票箱を開錠。小選挙区、比例代表、国民審査の確定結果はいずれも同3時55分に発表された。
小選挙区は、投票者総数4万9621人、有効投票数4万7167票、無効投票数2454票で無効票が4・9%。

 江藤拓氏が3万2098票、黒木万治氏が1万413票、河野一郎氏が4656票を獲得した。

 2階観覧席には、開票の様子を見守る市民の姿も見られ、昭和町の和田英理さん(68)は「今回の延期は天災なのだからやむをえないこと。当確は出ていたが、地元の票の結果を見たくて来た」と話した。

◆多くの方にご迷惑をおかけした−岡田選管委員長

 開票作業を終え、岡田選管委員長は「(開票延期で)多くの方にご迷惑をおかけした。今回のようなケースであれば、ある程度の台風の位置で投票期日の繰り上げを機械的に決定するといった決めごとを事前検討しておく必要性を感じた。危機管理意識を高くもって選挙の管理執行に努めていきたい」と話した。

◆投票率ミスで訂正

 延岡市の開票中、集計係が票数と照合する投票録の数が合わないことに気づき、不在者投票の一部(船員、郵便投票)で票の入力ミスがあったことが分かった。

 これにより同日午前に発表されていた延岡市の投票者数、棄権者数が訂正され、小選挙区の投票率は47・11%から47・14%に変わった。県全体の投票率は変わらず50・48%のまま。

その他の記事/過去の記事
page-top