【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

2017賞の人(9)−吉本興市さん(76)延岡市古川町

本紙掲載日:2017-10-19
2面

平成29年度・第44回夕刊デイリー明るい社会賞

◆区民の安全に力尽くす

 区の要職を担って15年。「自分で自分を褒めるわけではないが、自分なりによく続けてこられたなと思います」。しみじみと振り返る。

 退職を機に平成14年、公民館長に就任。「仕事をしていた頃は全く地域の仕事に関わっていなかったので、少しは加勢せんといかんなと思った」と依頼を快諾した。

 しかし「1、2年で終わるはずが、まさかこんなにするとは」と苦笑い。同23年からは区長も兼任する。それでも「自分の健康のためにも生きがいにもなる」と、前向きに誠実に、その役目を全うする。

 最も力を入れるのが「区民の安全」だ。地区が大水害に遭った同17年9月の台風14号をきっかけに、正式な自主防災組織の発足を提案し、翌18年に実現させた。

 「辺り一帯が〃茶色の湖〃と化した、あの時のことを忘れてもらっては困る」と防災訓練も毎年実施するようにした。

 「仕事をしていた頃、職場では〃自分だけが〃という感じだった」というものの、今では区民の先頭に立ち、さまざまなことに尽力する。「地域への感謝や還元の思いがあるからね。少しは丸くなったのかな」。照れくさそうに柔らかい笑みを浮かべる。

(推薦者=加行洋・古川区監事、松島洋・古川絆栄会会員、長友廣志・安賀多神社総代)

その他の記事/過去の記事
page-top