【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

多彩にととろ浜まつり

本紙掲載日:2017-10-17
8面
漁船団による海上パレード
初めて開催されたシーカヤック競漕大会
市消防団土々呂分団の一斉放水
演芸大会に出演した地元出身のシンガー・ソングライター美穂蘭さん
会場内では地場産品即売も行われた

漁船に歓声、シーカヤックは熱戦

◆地元の世代間交流も

 延岡市土々呂地区の「第13回ととろ浜まつり」(同実行委員会主催)が15日、土々呂漁港とその周辺であった。地区内外から家族連れなどが訪れ、同地区の地場産品や多彩な催しを楽しんだ。

 地元の産業振興、活性化を目的に平成17年から毎年開催している。港町ならではのイベント、産品が人気を呼び、現在では延岡を代表するイベントの一つとなっている。

 この日は、あいにくの雨にもかかわらず、開始前から多くの人出となった。恒例の漁船団海上パレードがオープニングを飾り、大漁旗を掲げる12隻の漁船が波しぶきを上げながら海を走る姿に大きな歓声が上がった。

 今回初めて実施された「シーカヤック競漕(きょうそう)大会」には、土々呂小児童18人がエントリー。6人ずつ青、ピンク、黄の3チームに分かれてリレー戦で競った。

 漁港内に設置された約80メートル間のブイを回るコースに挑んだ児童たちは、関係者の予想を上回る熱戦を展開。観戦した大人たちを大いに沸かせていた。

 青チームのアンカーを務めた菅姫奈束さん(5年)は「練習は1回しかできなかったけど、みんな上手にこげて良かった。すごく楽しかったので来年もやりたい」と話した。

 このほか、地場産品の大即売会を中心に、市消防団土々呂分団による一斉放水や消防車両の展示撮影会、地元出身のシンガー・ソングライター美穂蘭さんや土々呂中合唱部などが出演した演芸大会、大餅まき大会もあり、各所で大きな人だかりができていた。

 稲田雅之事務局長は「餅まきに使った240キロ分の餅は、前日に実行委員会が土々呂中生徒30人と共に作ったもの。祭りを通して、地元の観光振興はもちろん世代間交流もできている。今後ますます発展させていければ」と同祭りの今後に大きな期待を寄せた。

その他の記事/過去の記事
page-top