【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

県代表として九州大会へ

本紙掲載日:2017-10-13
7面
東海・東海東小吹奏楽部
西階中吹奏楽部

東海小・東海東小は初、西階中は12回目

 延岡市の東海小・東海東小吹奏楽部(山本由美子顧問、甲斐和心部長、25人)と西階中吹奏楽部(立元瑛顧問、横山桃子部長、36人)は10月14日、鹿児島市の鹿児島アリーナである「小学校バンドフェスティバル」と「マーチングコンテスト中学校の部」の九州大会にそれぞれ県代表として出場する。東海小・東海東小合同は初出場。西階中は11年連続12回目。いずれも九州吹奏楽連盟など主催。


◆練習成果を全て出し切る−東海小・東海東小吹奏楽部

 演奏するのは「マザーマ〜太平洋北西部の伝説」。平日は授業が終わって2時間、土日は4時間、週5回の練習で県大会でも披露した曲の精度を高めている。

 2年生から6年生で構成される同部は、主に新入部員が打楽器、上級生が管楽器を担当。「大会会場はアリーナ。音の響きに助けられることはほとんどないので、遠くまで届かせることを意識している」と山本顧問が言うように、声、視線、表情など、全身を駆使して表現することを心掛けている。「練習の成果を全て出し切って本番を楽しんでもらいたい」と話す。

 4年生の2学期から入部し、チューバとコントラバスを担当する甲斐部長(東海小6年)は「一人一人が責任を持って最後まで諦めず、金賞を取って最後のコンクールを締めくくりたい」と意気込みを話した。


◆感謝の気持ちを込めて−西階中吹奏楽部

 「明るくて笑いが絶えないチーム」(横山部長)という西階は、マーチ「ブランニュー・デイ」(福田洋介作曲)と「ブラボー・ブラス!」(星出尚志作曲)を演奏する。

 演奏しながら行進、隊列を変えるマーチング。動きも演奏もずれることなく、そろえなくてはならない。マーチングリーダーの末松潮音君(3年)は「九州大会に向けて、演奏だけでなく細かい動きも練習してきた」と話す。

 練習には30メートル四方以上の広さが必要。平日は学校の駐車場、休日は市外の屋内施設を借りて行ってきた。視界が変わることで立ち位置や演奏に影響があるそうだが横山部長は「お互いの音を聞き合い、ラインを合わせることを意識している」。

 送迎など保護者の協力、遠くから指導に来てくれる卒業生たちの支えも大きい。「感謝、お返しの気持ちを込めて、今まで練習してきた成果を発揮して金賞を取りたい」と話した。

その他の記事/過去の記事
page-top