【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 
ホーム | その他の記事・過去の記事
2017賞の人(5)−真志喜耕一さん(72)日向市財光寺
本紙掲載日:2017-10-13
2面

平成29年度・第44回夕刊デイリー明るい社会賞

◆“木育”おもちゃを出前

 木製の手作りおもちゃを県内各地のイベントや児童福祉施設などにボランティアで持参して提供し、多くの親子を楽しませている。「一緒にただ遊んでいるだけで、私にはもったいない賞。恐縮します」と控えめに喜ぶ。

 平成17年春に延岡市内の民間企業で定年を迎え、以前から描いていた「木で何かをつくりたい」という夢に向けて始動。

 通信教育で「おもちゃコンサルタント」という資格を取得する際、スクーリングで訪れた東京おもちゃ美術館で見た世界のおもちゃに感動し、木を材料にまねて製作したところ、持参した知人の保育園の園児が大喜びだったことが活動のきっかけとなった。

 おもちゃは大小約200点。自身が子どもの頃に遊んだ経験を生かしたものが主。材料は親戚や知人から無償提供を受けるほか、自ら育てた健康野菜や花をJA日向八菜館(同市富高)に出品し、活動費を捻出している。

 おもちゃの出前は多い時で月5回ペース。依頼があれば、どこへでも出向く。「いつまで車を運転できるか分からないので、今後は自宅で親子木工教室を開く活動に移行したい」と“木育”活動を進化させる構想も抱く。

(推薦者=黒木清人・日向市男女共同参画社会づくり推進ルーム「さんぴあ」事務局長、黒木一彦・同市社会福祉協議会事務局長兼日知屋児童センター館長、柏田佳代子・同センター主任児童厚生員)