【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

拝殿の上棟祝う−延岡市松山町

本紙掲載日:2017-10-11
2面
上棟祭を終え工事の進む永田神社拝殿

永田神社、11月下旬完成へ

 今年4月から建て替え工事を進めてきた延岡市松山町の永田神社でこのほど、拝殿の上棟祭があった。

 同神社は、奈良時代の天平勝宝2(750)年に日向国の土地を拝領した土持直綱公が、領国鎮国の神として宇佐神宮の大神を今山に勧請。その際、一夜を過ごした松山の地に土産(うぶすな)神として遷座した「随神武内宿祢命」を祭っているという。

 この日行われた餅まきには、住民約100人が参加。歓声を上げながら拾い、大いに盛り上がった。

 宮司の甲斐恒雄さん(77)は「ご先祖さまが代々守ってきたおかげ。涙が出そうになるほどうれしい」。黒木順一区長は「老朽化が進み、着工するまでに5年かかった。貴重な瞬間に立ち会えてよかった」と話した。

 県産材を使って造営された拝殿は、床面積44・22平方メートル。天井高が2・8メートルで、木を格子状に組む「格(ごう)天井」という天井様式を取り入れている。

 11月下旬の完成を予定しており、12月17日には祝賀会と同町秋祭りを行うという。

その他の記事/過去の記事
page-top