【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

収穫得て県大会へ−門川

本紙掲載日:2017-10-09
9面
【1回戦・門川―旭】3回、中堅へランニング本塁打を放ち生還する門川・河野

第40回夕刊デイリー新聞社旗争奪日豊中学野球選手権大会・球音


 門川は2年ぶりの決勝に1点届かず。それでも主将の井上裕太郎は「ミスがあってもみんなで声を掛け合い、助け合う思っていたプレーはできた。きょうの投手を打てるよう、一つずつレベルを上げていきたい」。大きな手応えを持って、2週間後の県大会へ向かう。

 21、22日に日向市である文科大臣杯第9回全日本少年軟式野球春季大会県予選の地元代表校。県を勝ち抜く可能性は十分に見せた。

 1、2回戦では1番の河野圭佑が大爆発。「フライではなく、ゴロという意識でしっかり打てた」。鋭い打球で野手の間を抜き俊足を飛ばして、2試合で本塁打と三塁打を2本ずつ放った。

 準々決勝では主戦の重岡悠が五回を3安打無失点、準決勝は1年生の青柳拓実が六回を被安打2と投手陣も力を発揮した。

 岡富の好投手に抑えられた準決勝に、河野は「好機で自分が打てなかった。県大会までにああいう投手を想定し、タイミングをしっかり取ってライナーを打てるように」。重岡も「1年生につらい思いをさせてしまった。次は自分が投げる試合は全部完封するつもりで、県で優勝し、九州で活躍したい」と誓っていた。

その他の記事/過去の記事
page-top