【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

常時駅前にぎわう駅前に

本紙掲載日:2017-10-07
2面
CCCの中林さんと佐藤さん(左から)。延岡駅前複合施設の完成イメージの前で

来春オープン延岡駅前複合施設・CCCスタッフ中林さんと佐藤さん

◆8月末、延岡に転居し開館準備

 来春予定されている延岡市の延岡駅前複合施設オープンに向けて、指定管理者CCC(カルチュア・コンビニエンス・クラブ)のスタッフ2人が8月末から延岡市に転居。新たに市民となって、開館後に同施設で活動予定の市民団体からヒアリングを行うなど開館準備を進めている。「駅前でにぎわいをつくることが僕らのミッション。平日でも毎日何かが一つでも行われる場所にしたい」と意気込む。

 2人は、CCC公共サービス企画カンパニーの中林奨さん(33)と佐藤光=あきら=さん(24)。

 中林さんは埼玉県出身で、これまでに佐賀県武雄市の「武雄市図書館・歴史資料館」(平成25年4月)、宮城県多賀城市の「多賀城市立図書館」(昨年3月)の立ち上げに携わり、多賀城市から妻、2子とともに引っ越してきた。長浜町在住。延岡市には1年ほど前からたびたび訪れ、市民団体と意見交換を重ねてきた。

 佐藤さんは福岡県出身で独身、瀬之口町在住。入社してまだ2年目だが、熊本大学法学部時代に「KVC(熊本ボランティアコンシェルジュ)」というグループを立ち上げ、4年間、ボランティアを求めている団体と、ボランティアをしたい熊本市内の大学生を結びつける活動をしていたという。「就職後も公共に携わりたい。なおかつ公務員より自由に動ける民間の立場で関わりたい」と選んだのが同社だった。

 昨年は、入社1年目にして岡山県高梁市の「高梁市図書館」(今年2月開館)立ち上げに携わり、地域の人と知り合って、同図書館でイベントを行う際の講師などを探す仕事を担当した。まさに希望していた通りの仕事だ。

 延岡市では早速、「のべおか天下一薪能」のボランティアに加わり、地域での人脈づくりを始めている

◆カフェと本居心地よい空間に

 駅前複合施設はどのような施設になるのだろうか。建物は鉄筋コンクリート造り、一部鉄骨造りの地上2階建て。1階中央部にカフェ・カウンターとキッチン・情報発信スペースなどが設けられる。

 中林さんらによると、席数は1、2階合わせて250席。365日午前8時から午後9時まで開館。好きな飲み物を飲みながら、販売する本も閲覧用の本も、施設内では自由に読めるようにするという。

 「カフェと本で居心地のよい空間をつくる。これをにぎわいのベースとして、1日に一つは何かが行われる場所」を目指す。

 例えば、ワンコイン(500円)以下で参加できるような講習会を開く。ここをきっかけにして、さらに深く学ぶために別に開かれる教室の受講者が増えたり、市民団体が新たな仲間を得る入り口になるようなものを想定しており、一般の有料の教室とのすみ分けを図る。

 「最初は毎日埋めることが難しいかもしれないが、軌道に乗った1年後ぐらいからは実現したい。週末は複数の催しが同時に行われるようにする。そのために、活動団体・個人を500程度集めたい」と目標を掲げた。

 現在は、市内のNPO法人のべおか市民力市場(井上孝徳理事長)の紹介で、既存の市民グループや活動者と一人一人コンタクトを取っていっている。しかしそれだけでは足りないと感じている。

 「健康、子ども、ハンドメード、アート系などの活動は多いが、ビジネス系、IT系、DIYといった、主に男性が興味を持つジャンルの活動が少ない。足りない部分を開拓したい」としている。

 中林さんは「目標は、施設がにぎわうことではなくて、駅まちエリアがにぎわうこと。まちづくり会社と連携して、にぎわいが点ではなく面で広がっていくように動きたい。町の顔である駅前が、市民の自慢の場所になるようにしたい」と抱負。

 佐藤さんは「市民活動をしている人たちと同じ目線と歩調で、延岡を、特に駅まちエリアを盛り上げたい。さらに、若者が市民活動に触れて新しく仲間に加わるような流れをつくり、各団体が持続的な組織になるお手伝いができればうれしい」と力強く話した。

 11月12日には延岡市役所で、複合施設のプレイベントを兼ねた市民報告会を開催予定。

◆オープニングスタッフを募集

 CCCは、延岡駅前複合施設のオープニングスタッフとなる契約社員2、3人を募集している。主な業務は市民活動のサポート、子育て支援、図書の選書・書架整理、情報発信、接遇など。午前7時から午後10時までのシフト制で実働7時間45分。給与は月18万円以上。日中のみ勤務を希望する人は応募できない。学歴は高校卒業以上。年齢は問わない。

 「延岡を元気にしたいという熱い思いのある人の応募を待っています」と中林さん。

 応募は12日までに「リクナビ」またはハローワーク延岡から。応募後に、15、16日午後1時30分から開かれる説明会に参加する必要がある。また、契約社員のほかに20人程度のアルバイトを採用する予定という。

その他の記事/過去の記事
page-top