【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

“逆転の富島”あと一歩

本紙掲載日:2017-10-06
8面
【決勝・富島―延岡学園】富島は6回、中村が右中間へスコアボード直撃の3ランを放つ
6回、無失点に抑えハイタッチする富島の黒木拓(右)と黒田

第141回九州地区高校野球大会県予選決勝・クローズアップ

◆中村、3点本塁打も−打力で互角にわたり合う

 延学と互角の打ち合いを演じた富島。霤津亟篤弔蓮崑任曽,張ぅ瓠璽犬世辰燭。力を付けてきた」と振り返り、手応えを感じていた。

 決勝は前日に119球を投げた主戦の黒木将胤を温存。劣勢となったが、一時4点差を「自信がある」という打線が跳ね返した。

 流れを呼び込んだのは中村健星の一発。六回1死二、三塁から代打で登場すると、「犠牲フライでいい。遠くに飛ばす」と内角低めにきた変化球を強振し「持っていった」。1点差に迫る3ランを右中間に放った。

 「攻撃の回数もまだあったので、1点ずつ返していけば逆転できると思っていた。選手全員が諦めていなかった」。これで勢いづき、七回に主将の中川大輝、井本健太の適時打で逆転した。

 今大会は終盤の強さでことごとく接戦をものにしてきた。「粘り強さが信条の子たち」と試合内容にも納得顔の指揮官。さらに「投手の成長」を好材料と挙げた。

 黒木将は準々決勝、準決勝でエースの投球。技巧派左腕の甲斐裕人と1年生右腕の黒木拓馬もさまざまな場面で力投した。「3人が経験を積めたことが大きい。堂々と投げられるようになってきた」とうなずいた。

 課題には「失策の多さ」。「練習は積んでいるので、あとは自信を持ってプレーできるかどうか。この予選を自信にしてくれれば」と期待。九州へ「臆せずしっかりと戦いたい。“逆転の富島”で頑張る」。戦い方を確立しつつあるチームに自信をのぞかせた。

その他の記事/過去の記事
page-top