【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

元気に「十五夜です」

本紙掲載日:2017-10-05
2面
家々を回ってお菓子をもらう子どもたち(美郷町西郷)
お菓子を集める子どもたち(延岡市祝子町)

中秋の名月−子どもたち家々回る

 中秋の名月(旧暦の8月15日)の昨夜、お供え物をもらって回る「十五夜さん」「十五夜もらい」などといった風習が残る県北地域の子どもたちが、お菓子などをもらいに笑顔で家々を回った。

 美郷町西郷の若宮区では、4歳から中学2年生までの11人が元気な声で「十五夜です」とあいさつしながら各家を訪問。お供え物を見つけるや否や、競争するかのように走り出し、玄関前に置かれたお菓子を袋に入れたり、だんごを食べたりして一軒一軒を巡った。

 参加した西郷中2年の亀田大我君は「みんなと話しながら歩くことが楽しい」。もてなした同区の川口福美さん(72)は「昔はお菓子ではなくクリ、カキ、芋などをもらっていた。もらうより友達と話しながら夜道を歩くことが楽しかった。子どもは少なくなっているが、毎年来るのを楽しみにしている」と笑顔で話した。

 同区の十五夜の歴史について、地元の人たちは「約100年は続いているのではないか」と推測。平成5年に発行された「西郷村史」によると、十五夜では「よその家のカキやナシなどの果物を取ってもとがめられない」という風習があったという。

◆祝子町でも「十五夜もらい」

 延岡市祝子町の一部の地域でも「十五夜もらい」が今なお続いている。

 同町の山郁雄さん(64)宅の庭先にも11人が訪れ、お菓子を袋いっぱいに詰めていた。

 山さんはお菓子の他、今年取れたクリやナス、ピーマンなどの野菜も奉納。全てが5分ほどでなくなり、子どもたちは隣接する次の家へと歩いて行った。

 山さんは「子どもがうれしそうにお菓子を集める姿を見ると涙が出そうになる。子どもは宝です」と話した。

 お菓子をもらいに来た東海小4年の山哲平君は「いろんな種類のお菓子をもらえてうれしい。次も参加したい」と話していた。

その他の記事/過去の記事
page-top