【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

子会社化で新体制−佐藤焼酎製造場

本紙掲載日:2017-10-04
3面
記者会見する佐藤焼酎の田中社長(中央左)と水江会長(同右)
田中社長が「蔵開きイベントを開きたい」と話す佐藤焼酎製造所の焼酎蔵

「しっかり地元に還元したい」

◆田中新社長、水江会長が会見

 延岡市祝子町の佐藤焼酎製造場は10月3日、市役所で記者会見を開き、ジャパン・フード&リカー・アライアンス(JFLA)グループ傘下の子会社となった経緯や、今後の展望などについて説明した。

 佐藤焼酎は、JFLAの連結子会社で同グループ酒類製造販売事業の中核会社である盛田(愛知県名古屋市)が全株式を取得して、1日付で子会社化。JFLAの田中文悟取締役が新たに代表取締役社長、水江順治前社長は取締役会長に就任した。

 会見で水江会長は、焼酎需要のめまぐるしい変化で競争が激化する中、「どう活路を見いだすかを数年前から模索していた」と説明。永続的な蔵元を目指すため、JFLAグループ傘下に入ることで、「大きな事業もでき、会社の今後の成長発展、さらには地域貢献にフィードバックされる」と結論に達した理由を語った。

 田中新社長は、「日本中から和酒の文化がどんどんなくなることに歯止めをかけるため、日本酒と焼酎の蔵元再建に力を入れている」と近年の事業計画を紹介。佐藤焼酎がその10社目になったことを報告した。

 その上で、「M&A(買収)や譲渡といった言葉が表に立つと地元の方は不安だと思いますが、まずは安心していただきたい。しっかり地元に還元したい」と強調。「蔵に入り込んで創業家の方々と一緒に新しいことに取り組んでいく」として、佐藤焼酎ブランドを尊重する意向を語った。

 麦焼酎「天の刻印」「銀の水」をはじめ、芋焼酎「亮天」、米焼酎「蘭珠」、栗焼酎「三代の松」など、幅広い銘柄を手掛ける佐藤焼酎については、「洗練されたラベルも含め、すべてにおいて商品力が高い」と評価。一方で、「営業力がないのが欠点」と指摘し、地元から人材を採用するなどして販路開拓に力を入れるとした。

 まずは田中社長自ら飲食店を細かく回って、「地元ファンを増やしていきたい」と抱負。また、豊かな自然に囲まれた近代的なデザインの焼酎蔵を「県外にもなく、ぜひ活用したい」として、2、3月をめどに年1回の蔵開きイベントを開く考えを示した。

 JFLAグループと業務提携を結ぶアスラポート・ダイニンググループは焼き鳥や焼き肉、居酒屋など数多くのチェーンを抱えており、各飲食店にも商品を流通させていくという。年率3%ずつの売上げ増を目指す。

 新体制の舟出に際し、水江会長は「いいご縁ができました。新社長と同じ方向を向いて、秘めた力を大いに発揮できるステージにあると思っています」。田中社長も「延岡の町の中でどこでも佐藤焼酎が飲めるように営業力を強化していきます」と話している。

【JFLAグループ(今年8月1日現在)】
昭和19年設立(平成18年に商号変更)。資本金47億5700万円。従業員数(連結)642人。東証2部上場。事業所は香川県小豆島町の本社ほか大阪本社と東京本社。JFLA本体と、盛田を中核企業とする連結子会社12社および関連3社で構成。傘下企業を通じた、しょうゆ・調味料、清酒、漬物、飲料の製造・販売、海外食材やワインの輸入・販売、食品・酒類・資材などの総合卸売業を展開している。
新中期経営計画(平成28年9月期〜30年9月期)で、アスラポート・ダイニンググループと業務資本提携関係を強化。外部企業との提携や合併、吸収による商品の開拓、開発、販路拡大に力を入れている。

その他の記事/過去の記事
page-top