【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

大一番エースが決めた−富島

本紙掲載日:2017-10-02
9面
【準々決勝・富島―宮崎南】3安打完封した富島・黒木将4回
先制の中犠飛を放つ富島・井本

第141回九州地区高校野球大会県予選・サイド

 「(勝因は黒木)将胤に尽きるが、それにコーチの分析と、黒田の配球がかみ合った結果。守り切ったこと、ワンチャンスをものにしたこと。大会を通し、一戦ずつ成長している」。秋は2年ぶりの九州大会に導いた富島の霤津亟篤帖A手、コーチ陣をたたえた。

 能力の高い大型選手をそろえた2年前と比べ、よりチームで戦い、選手層も厚い。2試合連続で九回逆転勝ちと劇的に勝ち上がってきて、勝負の準々決勝は主戦が決めた。

 前チームから経験を積んできた黒木将。「夏までは先輩に迷惑を掛けられないという思いだった」というが、1番を背負う今季はエースの自覚を持ってマウンドに登る。

 初回から「マックス(最速)を更新するつもりで腕を振った」。三者連続三振で完ぺきに立ち上がる。

 捕手の黒田直人は「真っ直ぐが走り、変化球も良かったので、甘い球を逃さない相手に、ボールを恐れずに配球できた」。すべての球種がコーナーに決まり、七回2死まで無安打。「リードも良く、ベンチから見ていて、打たれる雰囲気はなかった」と指揮官も安心して見られる快投だった。

 黒田の二盗阻止や内野陣との連係でのけん制アウトなどつけいる隙を与えず。八回には山下蒼生のファインプレーもあって、最後まで三塁を踏ませなかった。黒木はチームの計測で、自己最速を1キロ更新する136キロを八回に記録した。

 エースが一本立ちの気配を見せ、九州で戦える可能性も十分に。だが、主将の中川大輝と黒田は「打てずに正直、ベンチの雰囲気も良くはなかった」と反省の声。中川は「きょうは将胤のおかげ」。感謝し、上位戦でも打線の奮起を誓っていた。

◇目標は甲子園で勝つこと−山下蒼生(三塁手。八回1死二塁から三遊間のゴロを横っ飛び。二走を挟殺)

 「将胤が好投していたので、自分たちがカバーしてやろうと思っていた。これまで逆転で勝ってきたが、1点差を守り切れて自信になった。自分たちの目標は九州大会出場ではなく甲子園で勝つこと。そのためにこれからも戦っていく」


◇中軸が虎の子の1点

 虎の子の1点は中軸が奪い取った。

 制球抜群の相手主戦の苦しむ中、四回に攻撃的2番の中川が三塁線を破る二塁打。川添大空がきっちり進塁打を放ち、4番の井本健太は「コーチから走者三塁は『思い切り来たボールを振れ』と言われている」。その通りに強振し、中堅に余裕で生還できる犠飛を放った。

 上位戦へ井本は「好機で打つことと、守備の失策をしないこと」と意気込みを語った。

その他の記事/過去の記事
page-top