【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

9月で休止、東海SCがお別れ会

本紙掲載日:2017-09-28
2面
リレーの後に記念撮影をする現役選手とOBら
現役選手と松田さんらをはじめとするOBで記念撮影

思い出詰まった東海中プール

◆松田さんらラストスイム−歴代会長らに花束

 9月で活動を休止する延岡市の東海スイミングクラブ(SC、久世由美子代表)は27日、無鹿町の東海中学校のプールでお別れ会を開き、38年間の歴史に幕を下ろした。現在、練習する子供たちや〃卒業生〃、歴代会長らが参加、五輪で4大会連続メダルを獲得した松田丈志さん(33)も駆け付け、別れを惜しんだ。

 同クラブは、昭和54年に地元の有志たちが競技力の向上を目的に設立。これまでに松田さんのほか、数多くの選手や指導者を輩出した。
お別れ会には約200人が出席。神事の後、歴代会長、指導者、松田さんら功労者に花束が贈られた。

 代表者あいさつでは、初代の会長を務めた伊東邦子さんが「たくさんの思い出の詰まったビニールハウス。入った瞬間、設立当時の景色を思い出した。これまでボランティアでやってきた久世さんやコーチにお礼を言いたい」と述べた。

 松田さんは「このクラブに4歳から28年間通い続け、水泳の楽しさを学び、速くなることに励み、いつしかオリンピックを目指すようになった。無くなるのは残念だが、関係者には感謝したい」と言葉を添えた。コーチを務めた久世代表は「泳げなかった子が泳げる様になった時に、親が涙を流して喜んでいたことが頭によぎっている。どこかで会ったら『なつかしいね、また行きたいね』と言ってほしい」と語った。

 最後に参加者全員の万歳三唱で締めくくった。

 OBと現役選手が参加したリレー対決もあり、松田さんも現役さながらの泳ぎを見せ、参加者を楽しませた。

 東海SCが拠点とした東海中プールは、ビニールハウスのプールとして全国的に有名になったが、老朽化などのため、同SCは9月12日に休止を発表していた。

◆「寂しい」「つながり変わらない」−笑顔の参加者・思い出さまざま

 「お別れ会」の参加者の目に最後まで涙はなかった。現役の選手やOB、関わってきた全ての人が笑顔で最後の時を迎えた。東海SC、ビニールハウスのプールへの思いはさまざまだ。

 東海中2年の杉尾龍飛君は「僕は全然速くもなく、技術もなかった自分を久世コーチが連れて行ってくれた県合宿が楽しかったし、そのおかげで大きく成長できている」と感謝。同3年の児玉未空さんは「みんなで長い時間たくさん練習したので寂しい気持ちはある。もし復活することがあれば手助けしたい」。

 お別れ会の後、幼なじみという長田博之さん(41)=群馬県在住=と日盥甬Г気鵝複苅院法甕箍市昭和町=は思い出づくりにプールで競い合った。小さいころから同クラブで練習を積んできた〃ライバル〃だった。

 長田さんは「昔を思い出して、同級生の思い出を納めようと泳ぎました」、日發気鵑蓮崑感箸靴討發困辰氾豎ぅ好ぅ潺鵐哀ラブの一員だった。プールは無くなるけどつながりは変わらない」と笑顔で話していた。

 黒木智章さん(37)=大武町=は「中学2年生の時に水泳を始めた。その時、小学4年生だった松田君と一緒にコースを泳いだり、久世コーチと3人で大会に行けたことが思い出。いつか(プールを)復活させてほしい」と惜しむ声もあった。

 「(プールは)悔し涙とうれし涙が詰まっている場所」という平川信悟コーチは「胸にポッカリ穴が開いたと思った。中学3年生の県予選時に久世コーチから受けた叱咤(しった)激励で目が覚めました。38年間ありがとうございます」と話していた。

その他の記事/過去の記事
page-top