【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

ひと・まち・ものを大切に

本紙掲載日:2017-09-26
6面
入賞・入選した皆さん

延岡住みよい町づくり協議会

◆市民のつどいで標語作品を表彰

 延岡住みよい町づくり協議会(那須演之会長)の「第38回ひと・まち・ものを大切にする市民のつどい」が23日、延岡市東本小路の市民協働まちづくりセンターであった。青少年の健全育成を目的に事前に募った標語の入賞作品を読み上げ、入賞者をたたえて「ひと・まち・もの」を大切にする心の大切さを再確認し合った。

 標語は小学2、5年生、中学2年生、一般を対象に募り、16小学校から2年生の部493点、5年生の部402点、10中学校から834点、一般から13点の計1742点が寄せられた。審査の結果、後藤幸一君(延岡小2年)の「花はさく風そそぐ草ゆれてまわりがきれいなまち」など4点が市長賞に決まった。

 つどいには、入賞・入選者と家族が参加。那須会長は同協議会の活動の歩みを振り返り、「延岡が住みよい町になるように今後も地道に活動する」と話した。表彰式では、賞状を手渡す前にそれぞれの標語が読み上げられ、参加者はその内容に感心したりほほ笑んだりしていた。

 後藤君は「入賞してうれしい。遠い国から風が吹いてきて、明るい花の咲く町がいいなと思って作った」と話した。

 同協議会は昭和32年に新生活運動協会として発足し、平成20年に現在名に改称。「ひと・まち・ものを大切にする市民のつどい」「地域再発見」「昭和展」を3本柱に活動している。

その他の記事/過去の記事
page-top