【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

地図情報社と造園協会と協定

本紙掲載日:2017-09-21
2面
提供した住宅地図を手にするゼンリン九州第2エリア統括部の檜垣晋一朗部長と、協定書を手にする十屋幸平市長
協定書を手にする県造園緑地協会日向支部の黒木絹子支部長と十屋幸平市長

日向市、災害時に支援協力

 日向市は災害応急対策の強化を図ろうと9月14日、地図情報会社のゼンリン、県造園緑地協会日向支部(黒木絹子支部長、加盟4社)と災害時応援協定を相次いで結んだ。両者は災害時、同市の要請を受けて支援に協力する。

 ゼンリンと締結したのは、災害時における地図製品などの供給などに関する協定。同市が災害対策本部を設置した時に人命救助や安否確認、復旧作業などに活用できる住宅地図や広域図を更新ごとに無償提供するとともに、住宅地図のインターネット配信サービス「ZNETTOWN」の利用IDを無償発行する。

 社会貢献活動の一環として全国の自治体と4年前から進めており379例目。県内では6例目、県北では門川町に続き2例目。

 同社九州第2エリア統括部(熊本市)の檜垣晋一朗部長、同社宮崎営業所の志垣克己所長らが調印式に臨み、檜垣部長は「密に連携を取りながら、市民の皆さんのための安全安心や減災につながるような活動を共にしていきたい」と話した。

 県造園緑地協会日向支部と結んだのは、災害時における応急対策業務などに関する協定。市の要請に応じ、避難所に活用される公共施設などの機能確保および回復のために必要な緊急を要する倒木処理作業や、浸水家屋などへの薬剤散布による防疫作業に当たる。

 県内では同協会が県と締結しているが、支部単位では初めて。調印した同協会日向支部の黒木絹子支部長は、「専門分野でもあり、万が一の時は支部間で団結して迅速に対応し、一日も早く復興できるように努力していきたい」と話した。

 十屋幸平市長は「心強い協定を結ぶことができた。災害に対する市民の皆さんの防災意識を高めながら自助、共助、公助の取り組みを進めたい」と期待を込めた。

その他の記事/過去の記事
page-top