【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

ふるさとの小学校で歌う

本紙掲載日:2017-09-20
8面
奈須さんと一緒に歌ったり手拍子したりしてライブを楽しむ浦城小児童

奈須重樹さん浦城小ライブ

 延岡市浦城町の浦城小学校(中村賢二校長、9人)で9月19日、沖縄県を拠点に活動する延岡市出身のシンガー・ソングライター奈須重樹さん(53)によるライブが開かれ、児童ら約20人が一緒に歌うなどして楽しい時間を過ごした。

 同校の森年樹教諭が奈須さんと知り合ったことがきっかけで実現。奈須さんはオリジナルの5曲を披露した。演奏の合間には歌詞に込めた思いや、沖縄の方言の意味を説明した。

 子どもたちは、大きな声で掛け合いに応じたり手拍子。「恋とライブと弁当は足りないくらいがちょうどいい」という曲では、「弁当」を「宿題」に替え、一緒に歌って盛り上がった。

 このあと3年生以上の7人は総合的な学習の時間に、奈須さんの生い立ちや仕事観を聞いたりして交流を深めた。

 ギターを練習中だという3年生の福島苑華さんは「ギターと同時にハーモニカを吹くのがすごい。一緒に歌えて楽しかった」、漫画家を目指す5年生の岩切陽海君は「沖縄や音楽のことをたくさん知ることができて勉強になったし面白かった」と話した。

 奈須さんは延岡西高校、琉球大学を卒業後、沖縄でプロカメラマンやライターとして活動。平成3年、バンド「やちむん」を結成。25周年を迎え、精力的に活動している。

その他の記事/過去の記事
page-top