【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

2017VISSLAISA世界ジュニアサーフィン選手権大会

本紙掲載日:2017-09-20
6面

9月23日〜10月1日、日向市お倉ケ浜海岸

◇リラックス・サーフタウン日向を世界発信−過去最多・約50カ国400人以上参加予定

 「2017VISSLAISA世界ジュニアサーフィン選手権大会」は9月23日から10月1日までの9日間、日向市のお倉ケ浜海岸(開会式は日向市駅前交流広場)で開かれる。国際サーフィン連盟(ISA)が主催する世界最大規模の国際ジュニア選手権。ISAの主要大会としては、宮崎市木崎浜と東京都新島が共同開催した1990年大会以来27年ぶりの国内開催。世界ジュニア選手権としてはアジア初開催となる。

◆官民挙げて準備

 サーフィンが2020年東京五輪の正式競技に採用されたことで注目度が高く、昨年のポルトガル大会(39カ国371選手)を上回る過去最多の約50カ国から400人以上の選手団が参加予定。

 日向市や県、日本サーフィン連盟は4月に大会実行委員会(事務局・日向市、大会会長・十屋幸平市長)を立ち上げて受け入れ準備を進めてきた。

 また、各国選手団を地元でもてなそうと、市は6月に官民挙げて「日向おもてなし部会」を発足。「イベント」「国際交流」「文化交流・体験」「会場設営」に分かれ、開会式の交流イベントの企画、通訳ボランティアの確保など大会成功へ向けて取り組んできた。

 市は「『リラックス・サーフタウン日向』を世界に発信し、大会を弾みに東京五輪の事前合宿誘致につなげたい」と意気込んでいる。

◆県勢の活躍に期待

 種目はショートボードの部で行われる。競技は4人一組で上位2人が勝ち上がるトーナメント方式で、1〜4位までを表彰する。

 男女別に18歳以下と16歳以下の計4クラス個人戦ほか、各国の出場選手の得点を合計して競い合う国別対抗戦(前回大会で日本は4位)を行う。9日間で延べ3万5000人の観客数を見込んでいる。

 日本代表「波乗りジャパン」の選手は、「U―18ボーイズクラス」(18歳以下男子)と「U―16ボーイズクラス」(16歳以下同)が各4人、「U18―ガールズクラス」(18歳以下女子)と「U―16ガールズクラス」(16歳以下同)が各2人の計12人。

 そのうち県内からは、16歳以下男子の部に伊東李安琉(りある)選手(15)=宮崎市=が3年連続出場、18歳以下女子の部で加藤里菜選手(16)=同=が初出場することになっており、県勢の活躍に期待が懸かる。

 伊東選手は「お倉ケ浜には何回も来ていて、いい波なので頑張ります。世界ジュニア選手権は今年で3回目。緊張はすると思うけどメダルを取りにいきたい」、加藤選手は「初めての出場です。『波乗りジャパン』の団体行動も初めてなので、新鮮でより成長できそう。プレッシャーを感じるだろうけど、楽しく自信を持って頑張ります」と強い決意を口にした。

 競技時間は大会初日が午後2〜6時。2日目以降は午前7時〜午後6時(波の状況などで変更あり)。最終日の10月1日は試合終了後にクロージングセレモニーを行う。

◆応援しましょう

 競技会場周辺では午前9時〜午後4時(最終日は正午まで)、ご当地グルメなどの飲食店ブースなどを特設。24、30日と10月1日はステージイベント、24日から最終日までは野だて、書道、華道などの体験イベントを随時計画している。

 大会期間中、競技会場の駐車場は利用できない。お倉ケ浜総合公園西側駐車場(競技会場から車で約5分)から競技会場行きの無料シャトルバスを運行する。JR日向市駅の利用者については、駅東口ロータリーから競技会場までの無料シャトルバス(所要時間約15分、23日は運行なし)などがある。

 市は「県内でも過去最大級の国際的なイベント。市民の皆さんはもちろん、市内外の方にも来ていただき応援してほしい。選手の皆さんを1万人でお迎えしましょう」と呼び掛けている。


◆「波乗りジャパン」メンバー
◇U―18ボーイズクラス
大音凜太(東京都出身)
小笠原由織(神奈川県出身)
西優司(大阪府出身)
三輪紘也(静岡県出身)

◇U―16ボーイズクラス
伊東李安琉(宮崎市在住)
上山キアヌ久里朱(大阪府出身)
安室丈(徳島県出身)
鈴木仁(神奈川県出身)

◇U―18ガールズクラス
加藤里菜(宮崎市在住)
川合美乃里(徳島県出身)

◇U―16ボーイズクラス
中塩佳那(宮城県出身)
野中美波(埼玉県出身)


その他の記事/過去の記事
page-top