【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

「起きよー起きよー」

本紙掲載日:2017-09-20
3面
美々津小児童約50人が参加した「おきよ祭り」
神武天皇に献上したとされるお舟出だんごをつく児童

美々津町で「おきよ祭り」

 日向市美々津町の立縫地区で9月20日未明、神武天皇の東遷伝説にちなみ旧暦八朔(はっさく=8月1日))に行われる伝統行事「おきよ祭り」があり、美々津小の児童らが短冊飾りの付いたササ竹を振りながら「起きよー起きよー」と家々を回った。主催は美々津の歴史的町並みを守る会(佐藤久恵会長)。

 祭りは、神武天皇が東征のために美々津から船出しようとした際、未明に風向きが急に良くなったことから出発を早めたため、見送りを予定していた人々などが隣近所へ声を掛け合って起こしたことが由来とされる。

 今年は美々津小の1〜6年生の児童約50人が参加した。午前4時30分ごろ、神武天皇が座ったと伝えられる腰掛け岩がある立磐神社に集合。おはらいを受けた後、寝静まったまちへ繰り出した。

 児童は家の玄関前に来ると、ササ竹で戸をたたき元気に「起きよ―」の声。家人が起きたという印に、軒先の門灯がともったことを確認し次の家へと急いだ。

 祭りには保護者や地域、学校関係者など計約100人が参加。最後は神武天皇に献上したとされる、米粉と小豆を混ぜて蒸した「お舟出だんご」を児童が交代でつき、参加した人たちで味わった。

 佐藤会長は「この日にやることに意味がある。平日なのにたくさんの人が集まってくれた」と協力に感謝。「今後も美々津の町並みと共に古き良き時代の伝統を守っていきたい」と話した。

 1年の頃から毎年参加しているという立縫地区に住む小林花代さん(6年)は「みんなでササで戸をたたいて、いい思い出になった。ずっと続いていってほしい」と願っていた。

その他の記事/過去の記事
page-top