【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

田畑などに噴砂跡−県延岡土木、調査進める

本紙掲載日:2017-09-19
1面
田んぼにも噴砂跡が見られた(延岡市北川町川坂地区)
噴砂跡を指す地元の人(同)

パイピング現象−延岡市北川町川坂地区

 台風18号で水につかった延岡市北川町川坂地区の田畑などで9月18日、水が地表に噴き出す「パイピング」と呼ばれる現象でできたとみられる複数の噴砂跡が見つかった。同地区は、昨年9月の台風16号時も多くの噴砂跡が見つかり、今年7月末に対策工事の一部が完了していた。県延岡土木事務所は同日の調査で28カ所を確認、「今後調査を進めたい」としている。

 パイピングは、例えば、川が増水して川底への水圧が高まることで、水が堤防の地下の砂利層などを浸透し、堤防背面の地表から砂などと一緒に噴き出す現象。堤防地下の土砂が流出することにより、堤防の陥没や破堤などにつながる危険があるとされる。

 同地区では昨年9月の台風16号後、川坂大橋周辺の堤防沿いの田畑を中心に31カ所の噴砂跡を確認。県は今年3月から、北川左岸側の同大橋上流約300メートルと下流約220メートルの計約520メートル区間の堤防と川の間に、水を通りにくくするための鋼矢板を打ち込む対策工事を実施、7月末に完了していた。

 同事務所によると、18日の調査で噴砂跡は、昨年見つかった跡や周辺で確認されたほか、鋼矢板を打設していない区間の上下流などの田畑で新たなものが確認された。「矢板は水を通りにくくするための工法。前回の噴砂跡が大きくなっていない点などから、一定の効果があるといえるが、今後必要な調査を進めていきたい」としている。

 7月に完了した対策工事は、昨年大きな噴砂跡が集中し、緊急を要する区間に対して先に実施したが、その周辺にも小さな噴砂跡などを確認していたことから、県は重ねて、工事完了区間のさらに上流側約100メートル、下流側約190メートルにも矢板を打設する工事を計画している。

その他の記事/過去の記事
page-top