【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

「野守」の魅力語る−第1回能楽講座

本紙掲載日:2017-09-18
7面
能「野守」について話す西野春雄さん

研究者の西野春雄さん講演

 第1回能楽講座が9月13日に延岡市社会教育センターであり、市民55人が「第21回のべおか天下一薪能」(10月7日)で上演される能「野守」について学んだ。NPO法人のべおか市民交流機構(松下宏理事長)主催。

 法政大学名誉教授で能楽研究の第一人者、西野春雄さんが「野守の鏡がうつしたものは〜鬼の能『野守』の魅力」と題して講演した。

 野守は世阿弥の最晩年の作品。西野さんによると、世阿弥は鬼能を忌避していたが、最晩年は回帰して恐ろしいだけの単純な鬼の能ではなく、それらを超越した存在の鬼能を創作したという。

 野守は「『山姥』とともに世阿弥の鬼の概念を示す名作中の名作。スケールの大きな雄大な作品」と紹介。今回の薪能では野守に「白頭」という小書がつけられている。これは後ジテがつける仮髪が通常の赤頭ではなく、白頭という白く染められた仮髪になるという。西野さんは「この小書がつくと鬼の力強さ、スケールの大きさがかなり強調される演出となるはず。通常使用する能面は小べし見だが、別の面を使うかもしれない」と話した。

 今回の薪能は、昨年の20回という節目を終えて新たなスタートという位置づけ。西野さんは「今年の薪能は、『野守』、半能『三輪』も大和(奈良)が舞台。大和は世阿弥の故郷であることから〃大和帰り〃。非常にいい作品が並んだ。ぜひ、会場で見ていただきたい」と締めくくった。

 能楽講座の第2回は20日に能面打の見市泰男さんが「樹の精霊に出会う〜阿古父尉の写し面制作」、第3回は27日に延岡市出身で奈良県立万葉文化館指導研究員の井上さやかさんが「謡曲『三輪』と記紀万葉」と題して講話する。

 


55人が聴講した第1回能楽講座
その他の記事/過去の記事
page-top