【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

台風18号、本県を縦断

本紙掲載日:2017-09-18
1面
冠水した延岡市北川町の曽立地区。中央右が北川郵便局(17日午後3時50分)
北川の急激な増水で内水がはけきらず、建物の1階部分まで冠水した延岡市北川町の曽立地区(17日午後3時45分)
ぬれた荷物などを運び出す螢邑苑の職員ら(18日午前7時45分ごろ)
北川郵便局では郵便仲間らが応援に駆け付け、片付け作業に追われていた(18日午前8時20分ごろ)

突風、大雨各地に爪痕

◆北川町曽立−介護施設など浸水

 大型の台風18号は、9月17日午前11時30分ごろ鹿児島県南九州市付近に上陸し、宮崎県内を縦断して日向灘に抜けた。県北地方は暴風雨域に巻き込まれ、宮崎地方気象台によると、15日の降り始めからの雨量は美郷町神門で462ミリに達した。強風も吹き荒れ、延岡市では17日午後4時4分に最大瞬間風速28・7メートルを観測した。大分県境付近に降った猛烈な雨で北川が増水し、延岡市北川町曽立などで冠水が相次いだ。日向市や延岡市では突風によるとみられる住宅被害があった。一夜明けた18日は台風一過の青空がのぞき、被災地では後片付けに追われた。

 降り始めからの総雨量は延岡市北方で439ミリ、五ケ瀬町鞍岡で373ミリ、諸塚で353ミリ、日之影で351ミリを観測。日向市では、17日午前6時43分までの1時間に78ミリの猛烈な雨を記録した。

 延岡市によると、大分県側で降った大雨の影響で北川上流の北川ダムの放流量が17日午後2時から急激に増加。毎秒1847トンに達した同3時には、熊田橋観測地点の水位が「氾濫危険水位」(4・8メートル)を超え、同5時のピーク時には8・27メートルに達した。

 支流の小川でも葛葉大橋地点で氾濫危険水位を超えたことから、市は午後3時前に北川地区全域の1286世帯3397人に避難指示を出した。介護老人保健施設や郵便局などがある北川町曽立地区は内水がたまり、施設の1階部分まで冠水した。熊田橋の水位は午後9時には約4・7メートルまで下がった。

 五ケ瀬川は、日之影町八戸の星山ダムが午後4時のピーク時に毎秒約2600トンを放流。下流の延岡市北方町川水流で午後3時に氾濫危険水位(5・8メートル)を超えた。

 日之影町は五ケ瀬川と支流の流域、門川町は五十鈴川支流・三ケ瀬川沿いの地区にそれぞれ避難指示を出した。五ケ瀬町役場は近くを流れる三ケ所川の増水で駐車場が冠水した。

 突風によるとみられる住宅被害も相次いだ。県危機管理局によると、日向市塩見や財光寺で住宅や店舗、倉庫などの一部が壊れたほか、延岡市伊形、石田町でも屋根瓦が飛ばされるなどの被害があった。

 椎葉村下福良では崩土による住宅被害、高千穂町上野でも崩れた土砂が店舗に流れ込む被害があった。


◆2年続けての被害−施設や郵便局落胆の職員

 台風18号に伴う大雨の影響で延岡市北川町熊田の曽立地区は17日、内水氾濫とみられる出水で介護福祉施設や郵便局などが水につかった。同地区は昨年9月の台風16号で同様の被害に遭ったばかり。一夜明けて片付けに追われる住民からは「2年連続の浸水…。がっかりです」と落胆の声が聞かれた。

 同地区の介護老人保健施設「螢邑苑」は1階部分が胸から肩ぐらいの高さまで浸水した。昨年の被害を教訓として、台風18号の接近を受けて15日から16日にかけて、1階のリハビリ機器やコピー機、机・椅子、書類などを2階に上げるなどして対応。人的被害などもなかった。

 「午後2時すぎ、台風が過ぎるかなと思ったころに急激に水位が上がってきた」と施設長の黒木正樹さん(46)。早朝から職員とともに、浸水した荷物の運び出しや床にたまった泥の除去などに追われながら、「自分たちにはどうすることもできないが、勘弁してほしい」と肩を落とした。

 「2時20分ごろから急に水が上がってきた。浸水も昨年より50センチぐらい高い」と話すのは、螢邑苑に近い北川郵便局の佐藤彰生局長。1階部分が水につかり、9月18日は早朝から、応援に駆け付けた市内の郵便局の仲間らとともに、浸水した機材などを次々と外に運び出していた。

 局では昨年に習って書類を2階に移すなど対策。水が迫ってきたため、出入り口に水防板を設置し、局内にいた職員数人とすぐに避難したが、外に出た時には膝丈ほど水位が上がっていたという。「自然災害なので仕方ないんですがねえ」と声を落としつつも、「一日も早く営業再開を目指します」と話していた。

 昨年の台風16号の内水被害を受け、延岡市は台風18号に備え16日午前、同地区を流れる曽立谷川が北川本流に注ぐ合流点にある被門の堤防に、毎分4立方メートルの排水能力のある仮設排水ポンプ8台を設置。大雨で増水する内水の排水作業を行っていたが、17日午後3時で止めた。市は「北川の水位上昇で作業が危険となり、中止せざるをえなかった」としている。

その他の記事/過去の記事
page-top